日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > なかなか寝付けない夜は「つぶやき入眠術」で解決!
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

なかなか寝付けない夜は「つぶやき入眠術」で解決!

病気由来の不眠でないかをチェックリストで確認

 伊藤和弘=フリーランスライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

不眠の原因は生活習慣だけでなく、病気のケースもある。(©Tom Baker-123RF)

 不眠症は大きく2つに分けられる。一つはストレスや生活習慣の乱れから起こるもの、もう一つは病気が原因となっているものだ。

 「あまり知られていませんが、不眠を引き起こす原因に“他の病気”の存在があります。それに気付かず、安易に睡眠薬やお酒でごまかしていると、どんどん病気が進行する危険もあるのです。まず、不眠の背景に他の病気が潜んでいないかチェックすることが必要です」と、もりしたクリニック(東京都品川区)の森下克也院長は注意する。

商談中に突然眠りに落ちる「ナルコプレシー」

 では、どんな病気があるのか、主だったものを見てみよう。

 よく聞く「睡眠時無呼吸症候群」は文字通り睡眠中に呼吸が止まってしまう病気。2003年に山陽新幹線の運転士が居眠り事故を起こし、広く知られるようになった。「10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上、または一晩に30回以上」と定義されている。

 呼吸が止まっても苦しくなれば自然と再開するが、その度に肉体にかかるストレスは相当なもの。当然、睡眠も浅くなる。

 「原因はのどの奥の筋肉がゆるみ、睡眠中に気道を塞いでしまうこと。中高年になると起こりやすくなります」と森下院長。睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病のリスクも高くする。虎の門病院(東京都港区)睡眠センターが751人の患者を調べた結果、63.8%が高血圧、51.1%が脂質異常症、17.7%が糖尿病を合併していた。

 次は、「睡眠相後退症候群」(すいみんそうこうたいしょうこうぐん)という病気。ひと言でいえば「遅寝遅起き」で、夜はなかなか寝付けず、朝はなかなか起きられない。単に生活リズムが普通の人とずれているだけの話だが、どうしても遅刻が直らないなど、社会生活に支障を来たす場合は病気とみなされる

 朝起きられないのは、夜の布団に入る時刻が遅いから、と思われがちだ。しかしこの病気の人は体内時計がずれているため、強引に早起きしても深夜になるまで眠くならないという。光照射療法や薬物療法によって、少しずつ睡眠のリズムを修正していく必要がある。

 珍しいのは、「ナルコレプシー」という病気だ。大事な商談の途中など、あり得ないような場面で突然眠りに落ちてしまい、周囲の人たちを驚かせる。夜中に金縛りにあうことも多い。日本では500人に1人の割合でいるという。「オレキシンという脳内の神経伝達物質が足りないことで起こる先天的な病気。薬物療法で改善するので、必ず病院に行ってください」と森下院長は話す。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.