日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 就寝1時間前までの入浴で、寒い冬でもスッキリ快眠
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

就寝1時間前までの入浴で、寒い冬でもスッキリ快眠

シャワー派の人には夜の軽い運動がオススメ

 佐田節子=ライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

寝る前のお風呂は寝つきと睡眠の質を良くしてくれる。(©Anatoly Maslennikov/123RF.com)

 寒い冬の夜は手足が冷たくて、ベッドに入ってもなかなか寝つけない…。思うように快眠を得られない毎日を送っている人も多いのではないだろうか。足利工業大学睡眠科学センターの小林敏孝教授は、その理由を次のように説明する。「眠るときは本来、体をリラックスさせる副交感神経が優位になりますが、寒いと逆に体を緊張させる交感神経が高ぶるため、寝つきが悪くなります」(小林教授)。

 そこで、小林教授が冬の快眠対策として一番に薦めるのが「入浴」だ。お風呂で体を芯から温めることで寝つきがよくなり、睡眠の質を改善できる。お風呂に入ると心身ともにリラックスするが、理由はそれだけではない。「ポイントは体温の変動です。寝る前の入浴によって『深部体温』(脳や体の中心部の温度)を一時的に上げておくと、その後に体温が急降下する。この深部体温の下がり方が急激なほど、強い眠気がやってきます」と小林教授は説明する。

手足がぽかぽかしている時、体の深部体温はどんどん下がっている

 そもそも、睡眠は体温の変化と密接な関係にある。体温は昼間、活動しているときは高く、夜は徐々に下降して、眠っているときに最も低くなる。夜に手足がぽかぽかしてくると眠くなるという経験は誰にでもあるだろう。体温が上がったように思いがちだが、実は体の深部ではまったく逆の現象が起こっている。ぽかぽかするのは手足の血管が拡張して、体内の熱を逃がしているから。その結果、深部体温はどんどん下がり、体をリラックスモードや入眠へと導く副交感神経が優位になる。ところが、手足が冷えていると、この熱放散がうまくいかず、深部体温が下がりにくくなる。このため、寝つきも悪くなるというわけだ。

 入浴によって深部体温を一時的に上げれば、入浴後に温まった皮膚からの放熱が盛んになって、深部体温はがくんと下がる。まるで山の頂上から滑降するかのような体温下降カーブを描くのだ。

深部体温は入浴で一時的に上がり、その後に急降下する
[画像のクリックで拡大表示]
入浴によって深部体温を一時的に上げると、入浴後、温まった皮膚からの放熱が盛んになって、体温ががくんと下がる。これが寝つきの良さと深い睡眠につながる。一方、入浴なしの場合は体温低下がなだらかで、床に就いてもまだ深部体温が高いまま。このため、入浴ありに比べ、入眠が遅れ、睡眠も浅くなる。なお、グラフの体温は目安であり、個人差がある。(小林教授の資料をもとに編集部で作成)
疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.