日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > 4時間と7時間睡眠、どっちが太る?

ダイエットにいいのはどっち?

4時間と7時間睡眠、どっちが太る?

眠りと肥満、その意外な関係の真実に迫る!

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

ダイエットの方法、考え方には諸説ありますが、この連載では、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサーであり、日本ダイエット健康協会代表理事として『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)などの著書もある古谷暢基さんに、ダイエットに関する最新の考え方、ノウハウを紹介していただきます。

 前回に続いて、今回も睡眠とダイエットについて。

 

 眠りと肥満、ちょっと考えると何の関わりもなさそうですが、前回、成長ホルモンの章で学んだように、健康・美容に密接に繋がっています。例えば、睡眠時間が少ない方が活動時間も長く、エネルギー消費量も多いので痩せるような気がします。しかし、実際はどうなのでしょうか?

 ということで、今回は睡眠時間とダイエットについて、最新の研究データを見ながら学んでみましょう。

 まずは、次の問題について、お考えください。

 

【問題】アメリカの大学生、約1万8000人を対象に行った実験において、次のそれぞれの睡眠時間において、肥満になる確率が高かった順に並べ替えなさい。

(A)4時間
(B)7時間
(C)6時間

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.