日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > カルボナーラとペペロンチーノどっちが太る  > 2ページ
印刷

ダイエットにいいのはどっち?

カルボナーラとペペロンチーノどっちが太る

インスリンの分泌をコントロールできれば、効果的にやせられる!

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

 答え:
 問題1 (B)
 問題2 (B)

 インスリンは膵臓から分泌されるホルモンですが、特に食事をした後に血中の糖分量(血糖値)が上がると、その糖を非常時などに備え、全身の細胞に貯蔵する命令を出します。特徴として、血糖値の上がるスピードが早ければ早いほど、過剰に分泌される傾向があります。すなわち、「食事後の体脂肪生産量は、食べたもののカロリー値よりも、血糖値、特にその上昇スピードに左右される!」ということです!

 これを防ぐには、次の2つのことを意識することが必要です。

  • (1)炭水化物(糖分)を含む食材を使う場合は、なるべくGI値(食材やメニューの血糖値上昇度を表した指数;ブドウ糖を100とする)が低いものを使う。
  • (2)炭水化物(糖分)の消化・吸収を妨害してくれる食物繊維・脂質・タンパク質を、炭水化物食材より先に、あるいは一緒に摂る。

 こうすれば、血糖値はゆったりと上がって、生産・貯蔵される体脂肪量は減ります。

サツマイモはジャガイモよりカロリーは高いが、GI値は低く、太りにくい。(©Maria Kovalets-123RF、©szefei-123RF)

 問題1のジャガイモは、GI値が90と、うどんや餅よりも高く、チョコレートとほぼ同等で、さらに一番GI値が高いとされる食材の上白糖にも近づく勢い。対してサツマイモは、甘味が強くカロリーも高いので太るイメージですが、整腸作用でも知られるように食物繊維を多く含んでいて、GI値は50台と肉類なみ。カロリーは2倍近くても、太りにくいのはサツマイモ、ということになります。

図1◎ GI値とカロリーの一例(資料提供:TNヘルスプロジェクト)
[画像のクリックで拡大表示]

カルボナーラの方が太りそう?

 問題2のカルボナーラも、これまでの常識では“太る”イメージが高いメニュー。対して、ペペロンチーノはアッサリした感じですよね。

 しかしながら、食後血糖値の上昇度合いを見ると、カルボナーラはかなりゆっくり。対してペペロンチーノのスピードが速い。

 前回勉強した「PFCダイエット」で見た場合に、2つのパスタのカロリーのうち、C:炭水化物の部分はほぼパスタであり、そのカロリー量は両者とも同じです。つまりカルボナーラのカロリープラス分は、クリーム・卵・ベーコンなどのP:タンパク質/F:脂肪分ということになり、それらの食材が炭水化物のパスタを分厚くコーティングして吸収を妨げ、結果、インスリン分泌が抑えられるため、体脂肪生産量が抑えられる、ということになります。加えて、これも前回勉強したように、食べ物から摂った脂肪分は体脂肪になりにくい。つまり、カロリーが高く脂肪分が多くても、体脂肪の生産率が低い=より太りにくいのは「カルボナーラ」ということになるわけです(ペペロンチーノにもオリーブオイルが絡んでいますが、カルボナーラに比べればコーティングが薄い分、炭水化物の吸収速度が速い)。

 なお、低GI値食材を使ったり、食べ順・食べ合わせを工夫しても、摂取する炭水化物の量が多過ぎる場合は、結果的に血糖値が高い時間が長く保たれ、インスリンの過剰分泌を招きます。カロリーを細かく気にする必要はありませんが、食べ過ぎはどちらにしろNGということですね。

 私が代表理事を務める日本ダイエット健康協会では、インスリンの分泌を意識して、食べ方やメニューを考える方法を「GIダイエット」と呼んでいます。ダイエットというと、カロリーの多少ばかりにとらわれている方が少なくありませんが、それだけでなく、もっと「GI」を意識した食事を心がけてはいかがでしょうか。

※記事中に出てくる問題は、日本ダイエット健康協会が実施している「ダイエット検定」より紹介しています。
古谷暢基(ふるや まさき)さん
健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー
古谷暢基(ふるや まさき)さん 本や雑誌の著者、講演、講師などとして活動する一方、同時にルーシーダットンの代表取締役として、数々の健康・美容ビジネスを仕掛ける。日本ダイエット健康協会代表理事、和ハーブ協会理事長。ダイエット・予防医学のスタンダード知識を発信する検定・資格「ダイエット検定」の受験者数は1万人を突破。著書に『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)など。
日経ウーマンオンライン2013年8月21日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.