日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > 油500kcal・砂糖水400kcalどっちが太る  > 2ページ
印刷

ダイエットにいいのはどっち?

油500kcal・砂糖水400kcalどっちが太る

カロリーの種類に着目して効果的にダイエットしよう

 古谷暢基

答え:

 問題1 (B)
 問題2 (A)

 “体脂肪になる栄養素”は3つだけ。それは「炭水化物(糖質)」、「タンパク質」、「脂質」です。言い換えれば、カロリーを持つ栄養素は3種類あり、これが「三大栄養素」と呼ばれるものです。

 このうちタンパク質は、お肌・筋肉・血液・髪の毛、そして酵素、ホルモン、消化液など、身体のあらゆる構成要素になるとても重要な栄養素。摂り過ぎると体脂肪に変わることもありますが、生理活性を高めるためにダイエット中もきちんと摂取すべきでしょう。

同じ100kcalでもイカはほぼ100%タンパク質、コーラは糖質100%で、コーラのほうが太りやすい。(©junyyeung/123RF.com)

 次に、世間の常識では“ダイエットの怨敵”のようにいわれる脂質ですが、ここに面白い実験があります。大学生たちに1/2カップ(約100cc)のオリーブオイルを2週間、毎日一気飲みさせたあと、体脂肪率および体重を測ったのですが、両方とも有意に増えた人が一人もいなかったのです。

 実は最近の研究では、食べ物由来の脂質の80%以上が体脂肪にならず、排出されるか、60兆個以上あると言われている細胞膜や、ステロイドホルモン(女性ホルモンなど)の原料になることが分かっています。

 体脂肪の主な原料は、炭水化物が変化したもの。すなわちダイエット中は、この炭水化物の摂り方に気を使うべきです。

 例えば、同じ100kcalでもイカはほぼ100%タンパク質、バターは脂質100%、コーラが糖質100%となります。この場合は、エネルギーや栄養がほぼ糖で構成されるコーラが一番太りやすいということになります。

 カロリーは同じでも、その構成栄養素は食品や食材によって変わり、体脂肪になりやすさも変わってきます。またカロリー数値のみにこだわれば、身体が求める栄養素をきちんと摂れなくなったりもします。

 私が代表理事を務める日本ダイエット健康協会では、カロリーの種類と役割を意識しながら、食べ方やメニューを考える方法を、「PFCダイエット(P=Protein:たんぱく質、F=Fat:脂質、C=Carbonate:炭水化物)」と呼んでいます。皆さんも普段の食事で、カロリーの数値だけでなく、もっと「PFC」を意識してはいかがでしょうか。

※記事中に出てくる問題は、日本ダイエット健康協会が実施している「ダイエット検定」より紹介しています。
古谷暢基(ふるや まさき)さん
健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー
古谷暢基(ふるや まさき)さん 本や雑誌の著者、講演、講師などとして活動する一方、同時にルーシーダットンの代表取締役として、数々の健康・美容ビジネスを仕掛ける。日本ダイエット健康協会代表理事、和ハーブ協会理事長。ダイエット・予防医学のスタンダード知識を発信する検定・資格「ダイエット検定」の受験者数は1万人を突破。著書に『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)など。
日経ウーマンオンライン2013年8月6日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.