日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > グミとチョコ、どっちが太りやすい?  > 2ページ目

ダイエットにいいのはどっち?

グミとチョコ、どっちが太りやすい?

ダイエットに効果的なお菓子の選び方

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

 答え:(A)

 ここでのポイントは、カロリーのPFCバランス(=炭水化物、タンパク質、脂質のバランス)、および血糖値の上昇度(GI値)とインスリンです。

 この2つのお菓子の代表的なものとしてM社の商品を例に挙げると、PFCバランスは以下となります。

グミ 1袋(51g)ミルクチョコレート(51g)
カロリー169kcal284kcal
タンパク質3.1g3.9g
脂質0g17.7g
糖質39.2g26.4g
食物繊維0g1.8g

グミはエネルギー吸収に大変優れている

グミの主成分は麦芽糖。
グミの主成分は麦芽糖。(©diana taliun-123rf)

 グミの主成分である水飴は、白砂糖が入ってくる前の日本の伝統の甘味料であり、米類の食材の中ではGI値が最も高いモチ米と、麦芽糖を絞って作られたものです。

 主成分の麦芽糖は、全食品の中で最もGI値が高い白砂糖並みの血糖値アップ力を持ちます。さらにグミのPFCの構成を見てお分かりの通り、食品全体のGI値を下げる役割の脂質はゼロ、タンパク質も少なく、よって食品としてのグミは「体脂肪製造」の命令を出すインスリンの過剰分泌を非常に促しやすいといえます。

 水飴は同時に、舌で感じる甘みも少ないので、多めに使われる傾向もあります。

 また、グミはエネルギー吸収に大変優れているという観点から、大学の駅伝などのスポーツ競技中のエネルギー補給に使われたり、水飴を乾燥させたものは「膠飴(こうい)」という滋養強壮の漢方薬にもなっています。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.