日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > ダイエット体質を目指すなら、筋トレ? 有酸素運動?  > 3ページ目
印刷

ダイエットにいいのはどっち?

ダイエット体質を目指すなら、筋トレ? 有酸素運動?

食べても太りにくい体質になるための運動法

即効性があるのは有酸素運動、効果が長続きするのは筋トレ

筋トレ
“太りにくい身体”になるために有効なのは筋トレ。(©-123rf)

 “太りにくい身体”を作るうえでポイントとなるのは、「(1)血流、(2)体温、(3)筋肉、(4)姿勢、(5)自律神経」の5つ。この中で、身体活動により積極的にアプローチをかけるものは(3)筋肉となります。

 筋肉はご存知の通り、(1)血流やエネルギー代謝が活発で、(2)体温を高める体組織です。 つまり筋肉が活性化している、あるいは筋量が多いといったことは、全身の血流や体温を高めることにつながります。

 筋肉が多い、あるいは活性化している場合は、日常生活で同じ身体活動をしても、参加する筋肉量が多くなります。例えば、立ったまま身体をひねる、という単純動作でも、筋量が多い人は影響する筋繊維の数が増えることは、容易に想像がつくでしょう。これは単純に、同じ動作での使用するエネルギー消費量が増えるということです。

 (4)姿勢にも、この筋肉が関係します。お判りの通り、力を抜いて背もたれにダランと寄りかかりながら椅子に座っている場合と、同じく背筋を伸ばして座っている場合では、明らかに全身の筋肉への負担が違うことが分かると思います。一日の大半の時間に影響する姿勢の身体への負荷は当然、エネルギー消費量、血流、体温にも大きく影響し、そして根本的に身体のモード(エネルギーの消費/貯蓄)を握る(5)自律神経のバランスにも影響していきます。

 このように、「(活性化されている)筋肉量が(適度に)多い体質」の人は同じ生活をしていても一つ一つの動作量の積み重ねで消費カロリーも格段に増え、さらに筋肉が多く使われるので血流と体温も上がり、自律神経のスムーズな切り替わりを助け、さらに痩せ体質になっていきます。つまり、「筋肉をなるべく使う生活パターン」を実現すれば、多少食べ過ぎたり、特別な身体活動をしなくてもラクラクな“ダイエット体質”が完成するのです。もっとも、筋トレには皮下脂肪を落とすという面での「即効性」はありませんので、短期間で体重を落としたい人は、有酸素運動を併せて行う必要があります。

※記事中に出てくる問題は、日本ダイエット健康協会が実施している「ダイエット検定」より紹介しています。
古谷暢基(ふるや まさき)さん
健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー
古谷暢基(ふるや まさき)さん 本や雑誌の著者、講演、講師などとして活動する一方、同時にルーシーダットンの代表取締役として、数々の健康・美容ビジネスを仕掛ける。日本ダイエット健康協会代表理事、和ハーブ協会理事長。ダイエット・予防医学のスタンダード知識を発信する検定・資格「ダイエット検定」の受験者数は1万人を突破。著書に『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)など。
日経ウーマンオンライン2013年10月23日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.