日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > ダイエット体質を目指すなら、筋トレ? 有酸素運動?  > 2ページ目
印刷

ダイエットにいいのはどっち?

ダイエット体質を目指すなら、筋トレ? 有酸素運動?

食べても太りにくい体質になるための運動法

 答え:(A)

有酸素運動
有酸素運動は「体脂肪を燃やす運動法」として有名だけど…。(©maridav-123rf)

 一般に有酸素運動が、ダイエットにおいて体脂肪を燃やす運動法の象徴となっています。というのも有酸素運動とは、小~中負荷の身体活動を持続的に続けるものであり、その場合のエネルギー源は脂質が主となることから、ダイエット=体脂肪を燃やすというイメージとなり、このような有酸素運動神話へとなったのでしょう。

 実際に、ある程度短期間(1~2カ月程度)に、計画的に体脂肪を燃やすことだけをターゲットに置くならば、有酸素運動は最も効果的な手段の一つであり、食事や生活習慣の改善、筋トレやストレッチなどと併せて有効に活用すべきかと思います。

 しかし、目標の体重・体型になるまでは何とか頑張ることができたとしても、減量後も、体重・体型の維持のためだけに、辛い有酸素運動を続けられる人がどれだけいるかというと、そう多くはありません。そして、有酸素運動を止めた結果、徐々に体重がリバウンドし、また減量しなくてはならなくなる人も少なくありません。

 つまり、有酸素運動だけでは、少々食べても運動しなくてもよい状態を保てる「ダイエット体質」になりにくいといえます。長期的に見れば、単に体重を落とすことより、「自分のベストな体型、体組成の割合、そして、その結果としての適性体重を維持していくこと」の方がはるかに重要です。そして、その、エネルギー代謝が高く“太りにくい身体”になるために有効なのは筋トレです。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.