日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > ダイエットにいいのはどっち?  > 皮下脂肪と内臓脂肪、分解されやすいのはどっち?  > 2ページ
印刷

ダイエットにいいのはどっち?

皮下脂肪と内臓脂肪、分解されやすいのはどっち?

脂肪の特徴を理解してこそ、ダイエットを成功に導く

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

 答え:(A)

 体脂肪はそのつく箇所(脂肪細胞の場所)により、大きく内臓脂肪と皮下脂肪に分けられます。

 皮下脂肪とは、表皮の下1~3cmにある皮下組織の脂肪細胞に貯まる脂肪で、全身に分布します。分解しづらく、エネルギー長期貯蔵の役割を持つ体脂肪です。

 対して内臓脂肪とは、内臓を包む膜につく脂肪のことをいい、いわゆるメタボリック症候群の原因となる体脂肪です。合成・分解のスピードが速いことが特徴です。

内臓脂肪皮下脂肪
場所内臓を囲む膜
(大網、腸間膜など)
全身の皮下組織
性差男性につきやすい女性につきやすい
役割短期エネルギー貯蔵、内臓の位置固定長期エネルギー貯蔵、体温保持、外部ショックからの体内組織の保護
疾病リスク高い
(糖尿病や心虚血疾患等の生活習慣病)
低い
(但し、過剰な場合は心臓や膝などの運動器への負担)
その他分解、合成のサイクルが早い(減らしやすい)分解されにくい(減らしにくい)、ホルモン分泌機関としての役割など

 さて、皮下脂肪が女性に貯まりやすく、内臓脂肪は逆に男性に貯まりやすいことには、性ホルモンのはたらきが関係しています。

 例えば、女性の生物としての一番重要な仕事は、妊娠・出産して子孫を残すこと。つまり、妊娠時に内臓周辺の脂肪が多ければ、子宮は当然圧迫されリスクや不便が伴うので、お腹につけずにお尻や太ももに落とし、あるいは二の腕まわりに貯蔵脂肪をつけます。

 対して男性は妊娠をせず、外に出て長期に渡る狩猟・採取活動をしたり、外敵との闘いが生物的な役割。そのため、四肢や骨格筋まわりに脂肪がつけば機能的に落ちてしまうので、スペースが大きい内臓まわりに、貯蔵・消費サイクルが早い脂肪を蓄えるのです。

 逆にいえば、女性ホルモンの分泌が止まる更年期以降は、女性も内臓脂肪がつきやすくなります。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.