日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 二日酔いで困った朝は「サプリ」や「漢方薬」で対処する
印刷

左党の一分

二日酔いで困った朝は「サプリ」や「漢方薬」で対処する

“最終手段”の点滴を試してみた

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

酒を飲む前は「二日酔いになるまい」と思っていても、酒宴の盛り上がりの勢いにつられ、つい飲み過ぎてしまい、気づけば二日酔いに。頭痛や吐き気などの不快感から早く脱しようと、さまざまな対策が試されている。今回は、薬やサプリメントなどを使い、二日酔いの症状を和らげる方法について解説する。

 二日酔いを解消する方法の中には逆効果ともいえるものもある。その代表格が翌朝の熱い風呂やサウナである。

二日酔いの時は意識して水分を取ることは必要だが、尿や汗でアルコールを搾り出そうとする行為はあまり有効ではない。(©tooru sasaki-pixta)

 「二日酔いになると、サウナや熱い風呂に入って、体の中に残ったアルコールを搾りだそうとする方がいますが、これは大きな間違いです。汗で出て行くのはアルコールよりも、水分のほうがはるかに多く、二日酔いの脱水症状をさらに悪化させる可能性があります」

 こう話すのは肝臓専門医で自治医科大学附属さいたま医療センター消化器科の浅部伸一先生。「むしろ、スポーツドリンクなど、意識して水分を摂ることのほうが重要です」(浅部先生)。逆に、水分をたくさんとって尿や汗でアルコールを搾り出してしまおうと考える人もようだが、浅部先生によると「これもあまり有効ではない」という。

 「アルコールによる脱水症状の緩和、肝機能の低下を防ぐために水分を十分にとることは有効ですが、“アルコールを体外に出す”という点では疑問です。水分を多く摂取することで確かに尿中や汗にアルコールは排出されますが、それは体内に蓄積したわずか数パーセントに過ぎません」

 そこで二日酔いの症状をスムーズに回復するための適切な緩和方法を浅部先生にうかがった。

ビタミン類やアミノ酸をサプリメントで補う

 「あくまでも補助的なもの」という浅部先生の前置きがあって、薦めてくれたのがビタミンB群やアミノ酸などをはじめとするサプリメントである。

 アルコールを大量に摂取することで、必要以上に体から消費されてしまうのがビタミンB群だ。

 ビタミンB1はアルコールに含まれる糖分を、そしてビタミンB2は脂肪を分解し、それらをエネルギーに変える働きがあり、二日酔い特有の疲労感の緩和に効果が期待できる。またビタミンB6はたんぱく質をアミノ酸に分解するのに欠かせない栄養素で、肝臓の機能を高める役割がある。

 一方、アミノ酸は体の中でエネルギー源となる糖を新たに作り出す場合(糖新生)に、アルコールの分解や代謝を促す働きがある。このためアルコールの分解能力を元通りに戻し、二日酔いの症状を改善させると考えられている。

 さらに、アミノ酸同様、アルコールの分解能力を高めるのがビタミンCだ。ビタミンCは体の中で抗酸化物質として作用し、アルコールを代謝する際に産生されるアセトアルデヒドをはじめとする有害物質による体へのダメージを防いだり、緩和する効果が期待できる。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.