日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > グラスによって、お酒の味はどう変わるのか?
印刷

左党の一分

グラスによって、お酒の味はどう変わるのか?

グラスの形状を科学する! 舌の上の流れ方でお酒の味わいが変化

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 早いもので、今年もあと数日を残すのみとなった。大晦日やお正月は、いいお酒を開けるという方もいるのではないだろうか。そんなときこそこだわってほしいのが、お酒を飲む「器」「グラス」だ。今回は、年末年始に心ゆくまでいいお酒を楽しむための特別編として、お酒の味わいとグラスとの関係を取り上げる。
 左党なら「いいお酒をフルに楽しむにはいいグラスでないと!」というこだわりの方も多いだろう。だが一方で、「グラスってそんなに大切なの?」と半信半疑の人も少なからずいると思う。そこで、オーストリアの名門ワイングラスメーカー・リーデルの専門家にグラスと味わいの関係について話を聞いた。

酒は酒器で味が大きく変わる

 読者のみなさんは自宅で酒を飲む時、どんな酒器を使っているだろうか?

 案外多いのが、旅先などで買ったお気に入りのグラスで、芸術品として、またはノスタルジーとして、酒よりもグラスを楽しんでいるタイプ。もちろんこれも悪くはない。だが、酒は酒器で味が大きく変わると知ったら、左党なら「その酒に合ったグラスで、もっとおいしく酒を飲みたい!」という思いが頭をもたげるのではないだろうか?

 そう、酒の味は選ぶグラスによっておいしくもなれば、まずくもなる。どうせ飲むなら、やっぱりおいしいほうがいい。そこで今回は、世界のワイン愛好家やレストランで愛用されているオーストリアの名門ワイングラスメーカー・リーデルで、テイスティングマネージャー/チーフ グラスエデュケイターを務め、ご自身がソムリエでもある庄司大輔さんに、グラスの違いによる味の違いについて実践を交えながら話を伺った。

5つのワイングラスでワインを飲み比べてみた。いずれもリーデル製のグラス(各グラスの形状は次ページの図を参照)
[画像のクリックで拡大表示]

数万円の高級ワインでもグラスを間違えるとおいしさ半減!

 ワイン好きならご存じの方も多いと思うが、ワイングラスにはさまざまな形状がある。リーデルが提供するワイングラスは、カベルネ/メルロー用、ピノ・ノワール用などをはじめとして、すべてのシリーズを含めると約160種類もあるという。小ぶりなもの、大ぶりなもの、すぼまりが強く丸っこいものから、縦長のものまで、実にさまざまなだ。また、リーデルはワイングラスメーカーとして有名だが、実は日本酒(大吟醸)用の専用グラスもラインナップに用意している。庄司さんによると、ワインはもちろん日本酒もグラスによって香りや味わいが変わってくるという。

 「最近は、日常的にワインを自宅で楽しむ方が増えています。それはとてもうれしいのですが、その一方で意外と重要視されていないのがグラスです。みなさんが思っている以上にグラスはお酒の味に影響を及ぼします。数万円もする高級ワインでも、グラスの選択を間違えるとおいしさは半減。お酒のキャラクターに合ったグラスを選ぶことが、そのお酒を最大限においしく飲むための大きなファクターなのです」(庄司さん)

 ソムリエの資格も持つ庄司さんに力説されると、今までものすごーく損をしてきた気分になる。庄司さんは、熱く語りながら、5つのグラスを用意してくれた。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/7 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.