日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 酒飲みが悩む中性脂肪! 問題はお酒よりおつまみだった?
印刷

左党の一分

酒飲みが悩む中性脂肪! 問題はお酒よりおつまみだった?

左党の脂質対策【前編】コレステロールより中性脂肪に注意

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

12月から1月にかけては、とにかく酒席が多い。さらに、年末年始は自宅でも飲み続け、食べ続ける――。仕事始めのこの時期、多くの酒飲みが気にするのが、体重、そして脂質ではないだろうか。一般に、酒飲みは中性脂肪やコレステロールも高そうだと思われがちだが、実際はどうなのだろう。中性脂肪やコレステロール、脂肪肝関連の著書を多く手掛けてきた栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんに話を聞いた。

年末年始に飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして、今、体重や脂質を気にしている人も少なくないのでは? (c)kaninstudio -123rf

 年末年始で“たが”が外れ、はっちゃけて暴飲暴食。久々に体重計に乗ったら、体重と体脂肪を見て「ギャーッ!」と叫ぶのがちょうど今ごろ。さらに、もっと見たくないのが血液検査の数値だ。中でも中性脂肪とコレステロール値はできたら「見なかったこと」にしたいと思う人も多いのではないだろうか?

中性脂肪はイヤだけど、酒は我慢できない

 酒飲みは、中性脂肪が高い。コレステロールも高そうだ――。巷(ちまた)ではそう思われているが、実際はどうなのだろう?

 実のところダイエット&筋トレする前の私もそう。体重は標準値以内なのに、体脂肪と中性脂肪がやたら多い、典型的な「隠れ肥満」だった。肉で言うならサシがいっぱい入った神戸牛といったところだろうか。「今のままの生活を続けていたら、神戸牛どころか、豚バラ肉まっしぐら」と思い、筋トレをがんばって何とか中性脂肪、それにコレステロールとも基準値に下げたものの、一抹の不安が残る。それは酒を我慢することができないからだ。

 厚生労働省のホームページを見ると、「アルコール摂取量に比例して中性脂肪は増加します」と怖い説明がある。さらには「過度のアルコール摂取は脂肪肝の原因になる」とも…(詳しくはこちらをご覧ください)。

 これを読むと、酒をやめない限り中性脂肪は増加し続け、あっという間に脂肪肝になってしまうのでは? と悲観してしまう。しかし酒をやめることは何があろうと断じてできない。でも中性脂肪が高いのはイヤだ。

 などと書いておきながら、恥ずかしいのだが、正直なところ、私は中性脂肪について、正しく理解できているのか自信がない。脂質が増えて、メタボになって、血液がドロドロになり、体に悪そう…というイメージはあるものの、悪いのは中性脂肪よりコレステロールという印象が強い。中性脂肪はどうなのだろうか? そして、酒をやめなくちゃ下がらないのだろうか?

 そこで今回は、中性脂肪やコレステロール、そして脂肪肝についての著書を多数出している栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんを訪ねた。栗原さんは、肝臓専門医で、「血液サラサラ」の名付け親でもある。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.