日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > お酒をよく飲む人は風邪をひきにくい?
印刷

左党の一分

お酒をよく飲む人は風邪をひきにくい?

風邪と飲酒【前編】風邪と飲酒の関係を調べた3つの論文の内容とは

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

寒く、乾燥した季節になると増える「風邪」。最も身近な病気とも言える風邪だが、お酒との関係はどうなっているのだろうか。一般にお酒は風邪にいいというイメージがある。酒飲みなら「風邪気味だからアルコール消毒しよう」などと言う人もいるが、実際はどうなのだろうか。呼吸器疾患のエキスパートとしてテレビでもおなじみの池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに、風邪と飲酒の関係について聞いた。

 この時期になると欠かせないもの。それは風邪(かぜ)を予防するためのマスクである。冬将軍の到来に伴い、日本列島を覆う乾燥した極寒の空気のせいもあって、この時期は風邪っぴきが多いといったら…。

寒い時期に増える「風邪」。一般に「お酒は風邪にいい」というイメージがあるが、実際はどうなのだろうか。(c)Shao-Chun Wang-123RF

 年明けは年末年始で暴飲暴食をし、長い休みで不規則な生活をしているからか、特に風邪をひいている人がたくさんいるような気がしてならない。

 しかし、不思議なことに私の周囲の酒飲みたちを見渡すと、あれだけ酒を飲んで、不規則な生活をしておきながらも風邪と無縁の方が意外と多いのである。

 かく言う私もその一人で、この数年風邪をひいて長く寝込んだことがない。風邪をひくことがあまりない上に、「あ、風邪かな?」と思うことがあっても、急激に悪化することがなく、体調がやや不良程度でとどまっている。

 もしかして、酒が効いている、つまり「お酒を飲んでいると風邪をひきにくい」んじゃなかろうか…?

 アルコールには血流を促し、カラダを温める効果があることも知られているし、全く関係がないわけではなさそうに思う。そういえば昔から日本では風邪のひき始めに卵酒、ヨーロッパでは香辛料やはちみつを入れたホットワインを飲む習慣もある。

 また飲み仲間の間では、「風邪っぽい? そんなもん、体内をアルコール消毒しちゃえば治るよ~」というのが通常運転。

 さすがに、「いや、まさか」とは思うが、この寒く・乾燥した時期に、ウイルスなんてものともせず飲んでいる酒豪たちの様子を見ていると、酒と風邪が無関係とは言い切れないような気がしてくる。

 一方で、先日の記事でも述べた通り、2018年には「飲酒は少量でもリスクがある」という論文が医学雑誌『Lancet』で発表されるなど(詳しくはこちらの記事を参照)、「お酒は飲まない方がいい」という流れをヒシヒシと感じる今日このごろである。

 そんな逆風の中、めでたく新年を迎えた今こそ、お酒のいい効果もお伝えしたいところである(残念ながらそうならないかもしれないが…)。

 そこで今回は、風邪・インフルエンザ・肺炎対策などの呼吸器疾患のスペシャリストであり、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんの元を訪ね、風邪と飲酒の関係について直撃した。

 大谷さんは風邪対策の専門家であると同時に、医師になってから30年以上ほとんど病気をしたことがないという「体調管理のスペシャリスト」でもある。2019年12月には『絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理』(日経BP)も発行している。そこで、風邪とお酒の関係から、風邪を防ぐためのテクニックまでを2回に分けて紹介していこう。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.