日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > お酒をよく飲む人は風邪をひきにくい?  > 2ページ
印刷

左党の一分

お酒をよく飲む人は風邪をひきにくい?

風邪と飲酒【前編】風邪と飲酒の関係を調べた3つの論文の内容とは

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

そもそも風邪って? 原因はウイルス? 細菌?

 飲酒との関係について触れる前に、まずは、「風邪」とはそもそもはどういう状態を指すのか、基本的なところから大谷さんに聞いていこう。

 「風邪とは、急性上気道感染症の1つで、風邪症候群(common cold)と呼ばれています。専門的な定義では、『さまざまなウイルスを原因として鼻汁や鼻閉(鼻づまり)などの上気道炎症状をきたし、自然軽快する症候群』と言います」と大谷さんは話し始めた。

 「上気道とは呼吸器のうち鼻から喉(のど)まで、つまり気管、気管支にまで発展しない部分のこと。そこに現れる喉の痛み、咳、鼻水、鼻づまりなどが上気道炎症状と言われます」(大谷さん)

風邪は上気道の炎症

 恥ずかしながら、風邪に専門的な定義があったなんて初めて知った。大谷さんはさらに「風邪ではこうした症状が通常3~7日、長くても2週間程度で治ります」と続けた。

 確かに風邪をひいても治ることを前提として考えているので、「単なる風邪」くらいの認識でしかない。だが「炎症が上気道を通り越し、気管支に広がると気管支炎に、肺に到達すると肺炎になることもある」と大谷さんは注意を促す。どうやら「たかが風邪」と、甘く見てはいけないようだ。

 大谷さんは、「風邪の原因はほとんどがウイルスで全体の8~9割、残りの1~2割が細菌」なのだと説明してくれた。風邪をひいたときに、よく「念のため抗生物質を」などと言われることがあるが、「抗生物質は細菌を殺すための薬で、風邪で抗生物質を処方されるのは『念のため』以外のものではありません。今は、風邪で不要な抗生物質は出さないのが常識」(大谷さん)なのだという。

 「風邪と言えば抗生物質」と思っていた…。ここでしっかりと知識をアップデートしなくては! 抗生物質に関しては正直、モヤモヤっとしていたので、大谷さんの説明でスッキリできた。

 では、風邪には、具体的にどんなウイルスが関係しているのだろうか?

 「実は、風邪の原因となるウイルスは200種類以上あると言われています。最もメジャーなのは春と秋に猛威をふるうライノウイルスで、風邪の30~40%がこのウイルスが関係していると言われています。『鼻風邪ウイルス』という異名があるように、鼻づまりや喉の炎症を引き起こします。冬に流行しやすいのはコロナウイルスで、鼻、喉の他、発熱を伴うこともあります。風邪の約1割はコロナウイルスによるものと言われます」(大谷さん)。このほか、RSウイルスやアデノウイルスなども風邪の原因となるウイルスだという。

 200種類以上!! こんなにあるとは思わなかった。これは想像を遥かに超えている。

 また、「風邪とは分類が異なりますが、上気道感染症を生じる最も怖いウイルスが、皆さんご存じのインフルエンザウイルスです。冬に勢いを増す、今の時期、最も注意すべきウイルスです。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があります。A型とB型は大流行して重症化することが問題になります。一方で、C型は軽症で風邪と区別がつきませんので、問題となりません」(大谷さん)

 「インフルエンザの感染後は免疫が低下して、肺炎を発症することも少なくありません。特に高齢者は肺炎合併率が高いのですが、高齢者に限らず、どの世代でも油断できません」と大谷さん。

 インフルエンザともなれば、マスクなどで自衛するのももちろんだが、まずはワクチンで予防するのが第1であろう。「人にうつさないためにもワクチンで予防することが大切です。ワクチンを打っても感染することがありますが、病状が軽減します」(大谷さん)

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.