日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 「酒焼け」の真偽と、飲酒後のカラオケが招く“三大リスク”  > 3ページ目

左党の一分

「酒焼け」の真偽と、飲酒後のカラオケが招く“三大リスク”

忘年会の季節は要注意! 飲酒による喉トラブルはこうして起こる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

飲酒後のカラオケ、ふりつけアリの歌い方が最悪…

 「飲酒後のカラオケは声帯にとって“最悪な三大リスク”を備えています。まずは、『無理に自分の声よりも高いキーで歌う』こと。これはかなり声帯を酷使することになります。次に、『ふりつけしながら歌う』ことです。運動効果が加わると呼吸量が増えるうえに、さらに大声を出して歌うと、乾燥も含めて声帯にダブルのダメージを与えます。そこに、喉を潤そうとお酒を飲めば、さらに先ほどの抗利尿ホルモンの作用が高まり、体内の水分が失われる。そして最後は、『大声で会話する』こと。カラオケの音量の影響で、いつも以上に大声で会話をしていると、それが声帯に負担をかける。たくさん話す時は口呼吸となり、声帯の乾燥がより強くなる。ちなみに、口呼吸は鼻呼吸のおよそ6倍も空気量が多いとされます」(楠山院長)


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.