日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 飲酒による骨への悪影響をビタミンEが防ぐ!
印刷

左党の一分

飲酒による骨への悪影響をビタミンEが防ぐ!

飲酒と骨粗しょう症【後編】適量飲酒、そしてビタミンE、D、Kを意識的にとる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 「転んで、骨折して、そのまま寝たきり…」という恐怖のコースは誰しも避けたいもの。そこで気になるのが骨粗しょう症だ。実は、骨粗しょう症による骨折リスクは飲酒と関わりがある。また、お酒で顔が赤くなる人は骨折リスクが高いという。
 では何か打つ手はあるのだろうか――。「飲酒と骨粗しょう症」の後編となる今回は、骨折リスクを下げるために、飲酒面や日々の食事などで気をつけるべきことを、慶應義塾大学医学部の宮本健史さんに聞いていく。

 「寝たきり」につながるリスク要因として、近年大きな問題となっている「骨折」。そしてシニアの骨折と深く関わっているのが「骨粗しょう症」だ。前回は、慶應義塾大学医学部 整形外科学 先進運動器疾患治療学寄付講座 運動器科学研究室 室長の宮本健史さんに、飲酒と骨粗しょう症の関係について聞いた。

お酒を飲むと顔が赤くなる人は大腿骨近位部骨折のリスクが高いという。何か対策はないのだろうか。(c)decade3d-123RF

 宮本さんたちの研究により、ALDH2(アセトアルデヒド脱水素酵素)の活性が低い人、いわゆるお酒を飲むと顔が赤くなる人(全くお酒が飲めない下戸の人も含む)は、骨粗しょう症による大腿骨近位部骨折のリスクが高くなることが明らかになっている。お酒に強い人に比べて、骨折リスクは2.5倍にもなるというから恐ろしい(詳しくは前編を参照)。

 この研究は普段ほとんどあるいは全くお酒を飲まない人を対象にしたもので、お酒で顔が赤くなる人は、お酒を飲まなくてもリスクが高いのだという。さらに、お酒を飲めばそのリスクはさらに上がる。また、お酒に強く、顔が赤くならない人でも、大量飲酒の習慣がある人はやはりリスクが高まるという。

 ショック…。お酒を飲む飲まないにかかわらず、リスクが高いというのでは救いがない。取材前から多少覚悟していたが、実際に話を聞くと予想以上に影響が大きい。

 そんな気落ちする私に宮本さんは、「リスクを下げる手立てはあります」と話してくれた。後編となる今回は、骨粗しょう症のリスクを抑える具体的な対策を宮本さんに聞いていこう。

お酒を飲めば影響は避けられず! 適量飲酒を心がけよう

 最初に、酒量について確認しておかねばなるまい。先生、骨粗しょう症のリスクを下げるには、やはりアルコールの総量を減らすのはマストなんでしょうね(涙)。

 「はい、前回も説明したように、元凶はアセトアルデヒドにあります。野菜などの摂取による微量摂取でも影響があるわけですから、お酒を飲めばアセトアルデヒドがより多く生じ、その影響を受けることになります。当然、酒量を抑えたほうがリスクを下げることができます」(宮本さん)

 「まずは、適量飲酒(純アルコール換算で1日20g:1単位)に抑えることです。お酒の飲み過ぎは、骨粗しょう症に限らず、健康面でさまざまな悪影響を及ぼすことはご存じだと思います。そうした観点からも、飲むなら適量を意識することを第一に考えてください」(宮本さん)

 本連載で繰り返し紹介してきたように、純アルコール換算で20gとは、日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本、ワインならグラス2杯程度だ。実際のところ、飲める人(顔が赤くならない人)なら、飲み始めるとなかなか1合で終わりというわけにはいかないことが多いが、そんなときも3合未満に収めていただきたい、と宮本さん。もちろん、顔が赤くなる人なら、よりお酒を抑えたほうがいいのは言うまでもない。

 また、アルコールには利尿作用があることも広く知られている。これも悪い影響があるという。尿と一緒にカルシウムを体外へ排出してしまうのだ。そういった面からも、酒量は抑えたほうがよさそうだ。宮本さん曰く、アルコールの他、コーヒー、紅茶など利尿作用のある飲み物は同じ作用があるという。

酒好き医師が教える最高の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.