日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 毎晩飲む人は要注意! 「慢性膵炎」で膵臓がカチカチに
印刷

左党の一分

毎晩飲む人は要注意! 「慢性膵炎」で膵臓がカチカチに

進行すると逆に腹痛がなくなっていくが、膵がんのリスクは格段に上がる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

晩酌は毎日欠かさないという人が気をつけたい病気が、「慢性膵炎」です。長年にわたって毎日のように多量飲酒を続けていると、膵液が膵臓自体を徐々に溶かしていき、腹部に痛みを生じる慢性膵炎になるリスクが高くなります。しかも、慢性膵炎が進行すると膵がんにかかるリスクも格段に高くなります。慢性膵炎になりやすい人の特徴や、治療などについて、帝京大学医学部附属病院肝胆膵外科教授の佐野圭二さんに解説していただきました。

長年にわたる多量飲酒が原因で「慢性膵炎」になると、膵臓はカチカチ硬くなる。(写真はイメージ=123RF)
長年にわたる多量飲酒が原因で「慢性膵炎」になると、膵臓はカチカチ硬くなる。(写真はイメージ=123RF)

 膵臓が、自ら分泌する膵液でドロドロに溶け、突然激しい痛みに襲われる「急性膵炎」。

 前回の記事でお伝えした急性膵炎の痛みは想像を絶するもので、痛みのあまり悲鳴を上げてのたうち回ってしまうそうだ。何とも恐ろしい……。

 「たくさんお酒を飲むと、アルコールの影響で膵液に含まれる消化酵素が膵臓内で活性化し、急性膵炎を引き起こす原因になります。また、胆石が膵液の出口を塞いでしまうことでも、急性膵炎になる場合があります」と説明するのは、帝京大学医学部附属病院肝胆膵外科教授の佐野圭二さん。

 最も恐ろしいのは、「急性膵炎を発症したら、その後は断酒しなければならない」ということだ。アルコールが原因で急性膵炎を発症した人のうち、およそ半数は再発するといわれており、そのほとんどが断酒できなかったためではないかと考えられる。そして、急性膵炎を繰り返すと、1割程度は「慢性膵炎」に移行するという。

 慢性膵炎は、「慢性」というだけあって、一度発症したら生涯付き合っていかなければいけないのだろうか? どのような治療が必要になるのだろうか。引き続き、佐野さんに解説していただいた。

毎日飲み続けると「慢性膵炎」のリスクが上がる!

 先生、慢性膵炎は急性膵炎とどう違うのでしょうか?

 「急性膵炎、慢性膵炎ともに、アルコールが大きな原因の1つであることは共通しています。前回もお伝えしましたが、急性膵炎はアルコールを飲み過ぎたときに上腹部を中心に急激な炎症が起こります。一方、慢性膵炎は長期間にわたる多量飲酒が原因で、膵液によって膵臓自体が徐々に溶けていき、次第にカチカチに硬くなり、萎縮していきます。一般に、5~15年という時間をかけて進行していきます」(佐野さん)

 急激に強い痛みが走る急性膵炎も怖いが、時間をかけてゆっくりと膵臓が硬く萎縮していく慢性膵炎は、また違った恐怖がある。そして進行すると、膵がん(膵臓がん)になるリスクも高まるという。

 しかし気になるのは、その「痛み」だ。膵臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、何か病気になっても症状が出にくいことが多いと聞く。「膵液によって、膵臓が徐々に溶けて硬くなっていく」というからには、自覚症状として、やはり痛みがあるように思うのだが。

 「慢性膵炎の場合も、急性膵炎と同様に上腹部に痛みを感じます。慢性膵炎のステージには、代償期、移行期、非代償期という3段階があり、強い痛みを感じるのが代償期で、このとき膵臓の働きはまだ保たれています。移行期になると、膵臓の働きが徐々に衰え、痛みは軽くなり、膵臓に石がたまったり(膵石)、膵液の出が悪くなったりします。末期とも言える非代償期になると、膵臓がほぼ機能しなくなり、人によっては痛みがなくなることもあるのです」(佐野さん)

慢性膵炎の病期と症状
慢性膵炎の病期と症状
日本消化器病学会「慢性膵炎診療ガイドライン2015」を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

膵炎・膵がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.