日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 毎晩飲む人は要注意! 「慢性膵炎」で膵臓がカチカチに  > 3ページ目
印刷

左党の一分

毎晩飲む人は要注意! 「慢性膵炎」で膵臓がカチカチに

進行すると逆に腹痛がなくなっていくが、膵がんのリスクは格段に上がる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 「慢性膵炎になったら、断酒しか方法はありません。しかし、予防ということであれば、節酒で対処できます。『これだけ飲んだら慢性膵炎になる』という目安はないので、休肝日ならぬ『休膵日』と思って飲まない日を設けつつ、量を控えていきましょう。また、脂肪の多いおつまみもできるだけ避けてください。脂っこいものを食べると、それを消化するために膵液が多く分泌され、それが慢性膵炎のリスクにもなるからです」(佐野さん)

 昨今、脂っこいファストフードをデリバリーし、それをアテに酒を飲む「ファストフード飲み」に凝っている酒豪がいるが、これを続けたら膵炎まっしぐら。しかも喫煙者となれば、さらにリスキーだ。事実、佐野さんによると「タバコを吸うことで血管が収縮し、血行が悪くなることで、慢性膵炎のリスクが上がる」そうだ。

 「また糖尿病などの生活習慣病にかかっている方、コレステロール値が高い方、運動をしない方も膵臓の病気にかかりやすいと言われています。ウォーキングなど、日々継続できる軽い運動をするよう心がけましょう」(佐野さん)

 佐野さんに、膵臓の病気になりやすい人の特徴を挙げてもらった。以下の10項目のうち6つ以上に当てはまる人は要注意だという。また、1つ目の「お酒が大好きで、ほとんど毎日飲んでいる」に該当する人は、そのほかに当てはまらなくても注意したほうがいいそうだ。

膵臓の病気になりやすい人の特徴

  1. お酒が大好きで、ほとんど毎日飲んでいる
  2. 揚げ物やラーメンなど、油っぽいものが好き
  3. 魚より肉が好き
  4. 野菜はほとんど食べない
  5. 運動はほとんどしない
  6. 生活が不規則で睡眠不足のことが多い
  7. ストレスがたまっている
  8. コレステロール値が高いと言われたことがある
  9. タバコを吸っている
  10. 糖尿病である

膵臓の病気を早期に見つけるには?

 まとめると、対策としては、節酒に運動、そして定期的な検査といったところだろうか。ところで、「膵臓の病気は見つけにくい」と言われているが、今はどうなのだろう。

 「確かに胃の裏側にある膵臓の病気は、他の臓器に比べ見つけにくいことは事実です。しかし、以前に比べれば発見率は格段に上がっています。まずは、自治体の検診や人間ドックなどで、定期的に『腹部エコー検査』を受けてください。それで膵臓に異変が見つかれば、精密検査に進みます」(佐野さん)

 腹部エコー検査では、機器をおなかに当てて超音波で臓器の状態を調べる。これで異変が見つかれば、「超音波内視鏡」によって精密検査を行う。これは、通常の胃カメラのように内視鏡を入れ、胃腸の壁越しに超音波を当てて膵臓を調べることができる(参考記事「5年生存率わずか10%、怖い膵がんを小さいうちに見つける方法」)。

 「超音波内視鏡の検査は、3時間近くかけて行うのでお手軽とは言えないかもしれません。しかし、膵臓の病気を早期に見つけるのに大いに役立っています」(佐野さん)

◇     ◇     ◇

 2回にわたって、急性膵炎と慢性膵炎の詳細についてお伝えした。どちらも思い出すだけでゾクッとする症状だが、膵臓の病気の発見率が以前よりも上がっていることはせめてもの救いである。これからは、休肝日はもちろん「休膵日」も意識し、膵臓に優しい飲み方を心がけたい。

(図版制作:増田真一)

佐野圭二(さの けいじ)さん 帝京大学医学部附属病院肝胆膵外科教授
佐野圭二(さの けいじ)さん 1990年、東京大学医学部卒。2001年、東京大学肝胆膵外科助教。2004年、東京大学肝胆膵外科講師。2010年、帝京大学外科教授。日本外科学会・指導医、日本消化器外科学会・指導医、日本肝胆膵外科学会・高度技能指導医・理事。

先頭へ

前へ

3/3 page

膵炎・膵がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.