日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 毎晩飲む人は要注意! 「慢性膵炎」で膵臓がカチカチに  > 2ページ目
印刷

左党の一分

毎晩飲む人は要注意! 「慢性膵炎」で膵臓がカチカチに

進行すると逆に腹痛がなくなっていくが、膵がんのリスクは格段に上がる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

進行すると「痛みがなくなる」… そのときはもう悪化している?

 やはり、「慢性膵炎も痛みはある」ということか。佐野さんによると、「多くの人が代償期に感じる強い痛みをきっかけに受診する」という。しかし、症状があってもすんなり診断に行きつくとは限らないのが、慢性膵炎の厄介なところだ。

 「慢性膵炎の代償期では、血液検査を行っても数値の変化が少ないため、気がつかないことも多いと言われています。専門施設や総合病院で画像診断も行わないと診断が難しいのです。そのため、うっかり見過ごしてしまい、気づいたときには病状が進行していることも少なくありません」(佐野さん)

 知人はまさに、気づいたときには病状が進行していて、結果として命を落としてしまった一人だ。当初、強い痛みがあったが、「酒を飲めば治る」と日々の痛みを酔いでまぎらわせていた。「痛みがなくなった」と喜んでいたのもつかの間、末期の膵がんで、別れを惜しむ間もなく、あの世へと旅立ってしまった。

 「痛みが引かないときは、セカンドオピニオンを受けましょう」と佐野さん。佐野さんは、「痛みのある代償期であれば、生活習慣を改めれば改善する余地があります」と話す。上腹部の痛みは、「膵臓からのサイン」と思い、早めの受診をしたほうがよさそうだ。

脂肪便、糖尿病、体重減少… 怖い症状が表れる

 では、慢性膵炎が進行すると、どんな症状が表れるのだろうか?

 「一言で言うと、膵臓はボロボロです。膵臓の細胞が線維化してカチカチになっていきます。非代償期の後期になると、膵臓の機能はほぼ廃絶してしまいます。ここまでいくと、もう完治はしませんし、機能を取り戻すこともできません。さらには、膵臓の役割の1つである、内分泌機能も阻害されます。それによって、血糖値を下げるインスリンなどのホルモンを分泌できなくなり、糖尿病を発症します。また、消化液を分泌する外分泌機能も落ちることから消化吸収が悪化。下痢や、便に脂肪が混ざる脂肪便となり、次第にやせていきます」(佐野さん)

 ここまででも十分に背筋が凍りそうだが、慢性膵炎の怖さは、常に膵がんのリスクを抱えているということだ。

 「慢性膵炎にかかった人は、かかっていない人に比べ、膵がんを発症するリスクが12倍もあるとされています。膵がんが進行すると、膵臓を摘出しなければならない場合もあります。膵臓を摘出しても生きていくことはできますが、再発も多く、膵がんと診断されてから5年後に生存している確率(5年生存率)は10%しかありません」(佐野さん)

膵臓の病気のリスクをセルフチェック

 では実際、どんな人が慢性膵炎に罹患しやすいのだろう?

 「慢性膵炎は、30代から70代と、幅広い年齢層の男性に多く見られる疾患です。男性の罹患率は、女性の2倍というデータもあります。お酒を飲む機会が、男性のほうが多いからだと考えられます。慢性膵炎は、長期間にわたって毎日コンスタントにお酒を飲んでいる人が発症するリスクが高いと言われています。日々の積み重ねと、アルコール摂取の総量が関係しています。慢性膵炎については、さまざまな要因が挙げられますが、原因の80%がアルコールと考えていいでしょう」(佐野さん)

 80%となれば、予防するにはやはり「酒量を控える」しかないだろう。

膵炎・膵がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.