日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 健康を気にするなら、安い酒より高い酒?  > 3ページ
印刷

左党の一分

健康を気にするなら、安い酒より高い酒?

少量飲酒のリスク【後編】飲み放題はやっぱり飲み過ぎる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

宴会の定番「飲み放題」の落とし穴

 さらに、吉本さんは、「短時間で」大量に飲むのは避けてください、と話す。最近耳にするようになってきた「ビンジ飲酒(Binge Drinking)」である。ビンジ飲酒とは、短時間に多くのお酒を飲むことで(*2)、その極端な例がいわゆる「イッキ飲み」ということだ。

 吉本さんたちの研究グループは、国内の大学生2177人を対象にビンジ飲酒の調査を行っている(Tohoku J Exp Med. 2017;242:157-63.)。そこで、驚くべき結果が出た。

(c)wang Tom-123RF

 「ビンジ飲酒をしていた人は、そうでない人に比べ、ケガを起こすリスクが25.6倍も高かったという結果が出ました。短い時間の間に、ガンガン飲むのは危険なんです」(吉本さん)

*2 この研究で吉本さんは、日本人の体格や代謝能力などを基に、ビンジ飲酒を「2時間での純アルコール換算で男性50g以上、女性40g以上」としている。

 最近では、イッキ飲みのリスクが知られるようになっているとはいえ、短時間でガンガン飲む人は少なからずいる。特に、そういう人たちを助長するようなシステムとして、私たちにおなじみの「飲み放題」がある。

 飲み会の幹事になると、余計な心配をしたくないこともあり、支払いがシンプルになる飲み放題を選んでしまうケースは少なくないだろう。しかし、飲み放題となると、左党の性として「元を取ってやろう」とつい、いつもより飲み過ぎてしまう。「ラストオーダーでーす!」と言われると、まだ手元に酒が残っているのに意地汚く、「同じものもう1杯!」と叫んでいる自分がいる…。

 吉本さんは、飲み放題について興味深い調査をしている(Tohoku J Exp Med. 2018;245(4):263-7.)。関東の31大学35学部の大学生・大学院生(20歳以上)で、飲み放題を利用した511人を対象に、飲み放題の利用と飲酒量を調査したところ、驚く結果が!

 「飲み放題では、通常の飲酒(飲み放題ではない)に比べ、飲酒量は男子学生では1.8倍、女子学生では1.7倍も増えていました。さらに、男子学生の39.8%、女子学生の30.3%は、1回の飲み会で純アルコールにして60g以上摂取するという危険な飲酒をしていることが分かりました」(吉本さん)

 ああ、やはり飲み放題は飲み過ぎてしまうのだ。

「飲み放題」では飲酒量が大幅に増える
関東の学生511人を対象に、飲み放題利用時と非利用時の飲酒量を比較したデータ。飲み放題の場合は、そうでない場合に比べて、飲酒量が男子学生で1.8倍、女子学生では1.7倍増加した。(Tohoku J Exp Med. 2018;245(4):263-7.)

 「世界保健機関(WHO)では、一定料金での無制限飲酒、日本で言うところの『飲み放題』のサービス提供の禁止・制限を提言しています。ところが、日本ではいまだに飲み会の通例となっています。海外の研究者に飲み放題の話をするとみんな驚きますよ」と吉本さんは話す。やっぱり日本は世界的に見て、酒に思い切り寛容な国なのだ。

 「海外では、ビンジ飲酒によってケガや、ケンカから死亡に至ることも、かなり問題視されています。経済的損失の原因としては、慢性的な飲酒とビンジ飲酒などの急性の飲酒で半々だったという報告もあります。先日も、私のところにビンジ飲酒が原因で、急性肝炎になって運ばれてきた方がいらっしゃいました。もっともその方はアルコール依存症が寛解していた方でしたが、ちょっとしたきっかけで1日に日本酒を20合、つまり400gのアルコールを摂取していたんですが…」(吉本さん)

 20合も飲めば、それは病院に運ばれても仕方ないだろう…。それは極端な例とはいえ、お酒を短時間で一気に飲むことは避けたほうがいいことはよく分かった。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.