日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 健康を気にするなら、安い酒より高い酒?
印刷

左党の一分

健康を気にするなら、安い酒より高い酒?

少量飲酒のリスク【後編】飲み放題はやっぱり飲み過ぎる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

「アルコールは少量でも体に悪い」――。これまで適量までの飲酒であれば健康にいいと言われてきたが、最近それを覆す論文が発表されていることは前回紹介した。アルコールのリスクが以前にも増してクローズアップされるようになってきた今、できるだけ体を害さないようにするにはどんな飲み方をすればいいのか。前回に引き続き、飲酒と健康についての研究を手がける筑波大学の吉本尚准教授に話を聞いた。

少量飲酒の健康リスクが指摘されている今、できるだけ体を害さないようにするにはどんな飲み方がいいのだろうか。(c)belchonock-123RF

 「酒は薬か毒か」――。

 体のあちこちが気になりだすお年ごろの左党にとって、酒は毒になるのか、薬になるのかは常に気になる問題である。まあ、「毒」と認定されても飲んでしまうのが左党の悲しい性(さが)なのだが…。

 これまで多くの左党たちは「酒を全く飲まないよりも、少量飲んだほうがカラダにいい」とされる「Jカーブ効果」を心から信じて酒を飲んできた(実際は「少量」じゃないかもしれないけど)。もちろん筆者もである。

 しかし、2018年8月には、世界的権威のあるイギリスの医学雑誌Lancet(ランセット)に、「アルコールは心疾患(心筋梗塞など)といった特定の疾患のリスクは下げるものの、健康への悪影響を最小化するなら飲酒量はゼロがいい」という内容の論文が発表された(Lancet. 2018;392:1015-35.)。

 これについては前編で詳しく紹介しているが、英語で「zero」と書かれた一文を見て、それはもうショックを受けた。できるならウソであってほしい。しかし何度となく論文を見ても、そこには「zero」(*1)、つまり、健康を害さないアルコール摂取量はゼロだと書いてあるのに変わりはなかった…。

*1 Lancet誌の該当する論文(Lancet. 2018;392:1015-35.)には、「The level of alcohol consumption that minimised harm across health outcomes was zero.」とある。

 同年4月には同じLancet誌に、イギリスのケンブリッジ大学の研究者らによる研究で、「アルコールの摂取量が週に100gを超えると死亡リスクが高くなる」という報告も出ている(Lancet. 2018;391(10129):1513-1523.)。週に100gなんて左党にとったら朝飯前の量。弊誌でこれまで繰り返し書いてきた、国内における適量の目安「1日当たり20g(=週140g)」より、1週当たり40gも少ないのだ。

 もちろん特定の論文で全てが決するわけではないが、「ゼロが望ましい」「適量は今よりもっと少ないほうがいい」と立て続けに発表されると、何だかアルコールが全般的に悪者にされているかのようである(号泣)。事実、昨今、世界的にアルコールの害が、これまでにも増して強く指摘されるようになっている。こうした中で私たちはどうすればいいのだろうか。

 そこで今回は、前編に引き続き、筑波大学地域総合診療医学の准教授で、北茨城市民病院附属家庭医療センターに「飲酒量低減外来」を開設し、診療も行っている吉本尚さんに、少量飲酒のリスクが指摘されている現在における、お酒の飲み方について話を伺った。今、専門家は、酒飲みに対してどのようなアドバイスをしているのだろうか。

今より減らす、できるなら飲まないほうがいい

 先生、「全く酒を飲まないほうが健康にいい」なんて、左党にとっては厳しい論文が出ていますが、実際に先生は、飲酒量低減外来にいらっしゃる患者にどうお伝えしているのでしょうか?

 「私が外来で診る時は『今飲んでいる量よりも減らしたほうがいい。できるなら飲まないほうがいいですよ』とお伝えしています」(吉本さん)

 予測できていたとはいえ、「飲まないほうがいい」と伝えているのか…。最新研究の結果からすれば仕方ないとはいえショックである。

 と言いつつ、吉本さんはこうフォローしてくれた。

 「とは言え、人はNOリスクでは生きられませんよね。お酒が好きな人、つまりお酒を楽しむことが人生の楽しみになっている人が無理に断酒することはありません。理想はゼロかもしれませんが、今飲んでいる人は、今より飲酒量を減らせばリスクは確実に減りますから、『できる範囲で減らしましょう』と話しています」(吉本さん)

 「現在、日本が定めている適量(1日当たり20g)は、様々な研究報告から見ても、1つの目標値として設定するのは有用と考えています。まずはこの適量を目指しましょう。もちろん、飲めない人が無理に飲む必要はありません」(吉本さん)

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.