日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > ついに「糖質ゼロ」がビールで実現! 気になる味は?  > 3ページ目
印刷

左党の一分

ついに「糖質ゼロ」がビールで実現! 気になる味は?

酵母による「糖の食べ残し」をゼロにした新技術とは

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

おいしさを追求してアルコール度数は「4%」

 聞くほどに、ハイテク! そんな技術が生かされたビールが生まれるなんて、少し前では考えられなかった。

 スーパーハイテクのたまものであることが分かったところで、やっぱり気になるのは「お味」である。ビール好きにおいしく飲んでもらうために、どんな工夫をしたのかを廣政さんに伺った。

 「先ほどもお話ししましたが、ビールの糖質を旨味ととらえる方もいらっしゃいます。糖質ゼロはその一要素をなくすこと。ではどこにおいしさを持っていくのかと考えたとき、“一番搾り製法”は欠かせないと思いました。通常、ビールは一番搾りに加え、二番搾りも使います。これに対し、一番搾り製法とはビールの製造工程において、主原料の麦から最初に流れ出る一番搾りの麦汁だけで作ることを指します。これにより、素材の良さを最大限に生かした、雑味のない、澄んだ麦の旨味にあふれた味を実現できたのです」(廣政さん)

 そして5年もの年月をかけてできあがったのが、「一番搾り 糖質ゼロ」である。アルコール度数は4%。「おいしさを追求した結果、4%にたどり着きました」と廣政さん。月に一度はビールを飲むというユーザーに事前調査を行った結果、「飲みやすい」「ちょうどいい」という回答が94%の方から得られたという。

 さっそく、筆者も「一番搾り 糖質ゼロ」を飲んでみた。実は半信半疑な面もあったが、キリリッとした爽快感の中に麦芽本来の旨味を感じ、ほど良い飲みごたえが「ビールを飲んだ」という満足感を与えてくれる。糖質ゼロではない従来のビールと比べると、ややライトな飲み心地だが、糖質ゼロのハイボールに切り替えてから長い筆者にとってはちょうどいい。重すぎず、軽すぎずといったふうである。

 後口の良さがまた秀逸。揚げ物や、脂の多い肉を食べる際に一緒に飲むと、箸が進みそうだ。

売り上げが伸びる糖質オフ&ゼロ商品

 Go Toトラベルキャンペーンのスタートや、イベント緩和の動きはあれど、まだまだ家飲み派が多いコロナ禍。糖質ゼロビールは絶対に需要があると確信した。コロナ太りによって健康志向が高まっていることも間違いない。

 実際、同社における糖質オフ&ゼロ商品の売り上げは、「淡麗グリーンラベル」が前年比104%、「淡麗プラチナダブル」が106%、「のどごしZERO」が111%と、軒並み増加している(2020年1~7月)。

 また初の糖質ゼロビールとなれば、オンライン飲み会でも話題になりそう。今までビールを飲みたくても我慢していた酒好きが、糖質のとりすぎを気にせずに飲めるというのもうれしい。開発者の廣政さんにとっても、それは大きな喜びのようだ。

 「お酒のメリットはコミュニケーションが円滑になったり、リラックスすること。これまで糖質を気にされていた方も、適量を守りつつ、さらに気兼ねなく飲んでいただけたらうれしいです」(廣政さん)

 コロナによる健康志向の高まりによって、ハイボールに“浮気”していた往年のビール党が帰ってくるかもしれない。筆者も「お風呂上がりのビール」が復活となりそうだ。

(図版制作:増田真一)

廣政あい子(ひろまさ あいこ)さん キリンホールディングス飲料未来研究所
廣政あい子(ひろまさ あいこ)さん 2005年4月、キリンビール株式会社入社、同社の生産本部取手工場品質保証担当。2008年10月、キリンビバレッジ株式会社本社品質保証部。2009年10月~2010年9月、産休・育休(第一子)。2010年10月、(現)キリンホールディングス株式会社R&D本部飲料未来研究所。2013年12月~2015年3月、産休・育休(第二子)。
酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.