日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 老化の主犯!? 怖い「糖化」はお酒を飲むと加速する?
印刷

左党の一分

老化の主犯!? 怖い「糖化」はお酒を飲むと加速する?

糖化と飲酒【前編】内臓の機能低下や骨折、認知症にも影響する

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 五十路になると、「いよいよ老化現象が始まったか!」と気付かされる機会が増える。特に日々実感させられるのが肌。ハリが失われ、シミ、シワが増えてくる。これらの老化現象の主犯の一つとして、よく話題に上るのが「糖化」だ。
 この糖化、一般に「糖質のとり過ぎ」などが影響しているとされるが、実はお酒とも密接な関わりがあるという。そこで今回は、「糖化ストレス研究センター」という専門の研究機関を有する同志社大学を訪ね、その真偽について直撃した。

 五十路を過ぎて、やたら気になるのはお肌のハリやシミ、シワである。四十路までは何とか重力に耐えていたのに、五十路になるとこうも違うのか?

最近話題の「糖化」は老化要因の一つで、肌のハリやシワなどにも密接に関係している。(c)transurfer-123RF

 「アラフィフなんだから仕方ない」で済ませればいいのだろうが、あきらめきれないのが女性というもの。美容皮膚科でレーザーをあてたり、アメリカの皮膚科医が作ったという化粧品を試してみるものの、「焼け石に水」といったふう。

 最後は、誰もが加齢には勝てないのだろう。とはいえ、同じアラフィフでも、人によって“見た目”に随分違いが出てくる。石田ゆり子さんや永作博美さんをはじめとして、同じアラフィフながら驚くほど若く見える方がいる一方で、大変失礼ながら実年齢より10歳以上年を重ねて見える方もいる。どうしてここまで差が出るのだろうか。

 こんなとき、私がいつも気になるのが「飲酒との関係」である。私は、 “飲むのが仕事”で、飲むのが何よりも好き。最近でこそ休肝日を週3回も設けて、節酒に努めるようにしているものの、若い頃の酒量たるや半端ではない。そのツケが今になってきているのでは…と心配でならない。

 迷った揚げ句、「肌の老化 アルコール」とネットで検索してみると…、「若返りのために酒をやめよう!」と恐ろしいキャッチが(涙)。ページを開くと「糖化」というワードが目に飛び込んできた。

 そういえばこのところ、テレビの健康番組などで「酸化」と並び、よく耳にするのが「糖化」という言葉である。何でも「体がコゲる」とか…。そして、糖化は老化要因の一つで、肌のハリやシワなどにも密接に関係しているという。

 しかも、この糖化、体内の血管や内臓、骨などの機能を低下させ、さまざまな病気の原因になるという。つまり、見た目だけでなく、寿命にも関係してくるというのだから聞き捨てならない。

 でも糖化って、その名の通り、炭水化物とか甘いものに関係するキーワードで、アルコールとは無関係なんじゃないの? これは一体どういうことなのだろう?

 疑問を抱えたままでは酒も飲めない。そこで今回は、「糖化ストレス研究センター」という糖化専門の研究機関を有する同志社大学を訪れ、同大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター チェア・プロフェッサー教授の八木雅之さんにお話を伺った。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.