日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > お酒が免疫力にもたらす、より深刻な“2次的”影響とは?

左党の一分

お酒が免疫力にもたらす、より深刻な“2次的”影響とは?

飲酒と免疫【後編】生活習慣病、がん… お酒が誘発する疾病と免疫力の関係

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

アルコールは免疫力を下げる…。酒好きの人々にとって非常に気になる研究結果を、前回このコラムで紹介した。免疫学を専門とする帝京大学特任教授の安部良さんによると、アルコールは人間の免疫システムに直接的に悪影響を及ぼすだけでなく、さまざまな病気を誘発することによる“2次的”な影響を与え、そちらのほうがより深刻である可能性があるという。対策を詳しく聞いた。

アルコールは免疫システムに直接的な悪影響を及ぼすだけでなく、より深刻な“2次的”影響を与えるという。(c) Katarzyna Bialasiewicz-123RF

 アルコールは免疫力を下げる。

 巷(ちまた)で言われてきたこの一件。

 「単なるウワサであってほしい」と思っていたが、前回の記事において、悲しいかな、真実であることが判明した。

 私たちのカラダには、ウイルスをはじめとする病原体から身を守る、非常によくできた免疫のシステムが備わっている。自然バリア、自然免疫、獲得免疫という3段階で構成され、それぞれのステージでさまざまな免疫細胞が働き、病原体を排除するのだが、どの段階においてもアルコールは直接的に悪影響を及ぼすという。

 例えば、のどがチリチリするようなアルコール度数の高い酒は、自然バリアであるのどの粘膜を傷つけ、免疫力を低下させてしまう。そして、自然免疫で活躍する、病原体を食べてくれるマクロファージは、アルコールによって機能が低下したり混乱したりする。さらに、獲得免疫で働くT細胞やB細胞などのリンパ球がアルコールから何らかの影響を受けるという動物実験の研究もあるという。

免疫は3段階

 だが恐ろしいことに、「アルコールによる免疫への影響はこれだけで終わらない」と話すのは、帝京大学戦略的イノベーション研究センターの特任教授で、免疫学を専門とする安部良さん。このような直接的な影響だけでなく、「アルコールはさまざまな疾病につながり、それによる2次的な免疫への影響のほうがより深刻である可能性もある」というのだ。

 引き続き安部さんにお話をうかがっていく。

1/4 page

最後へ

次へ

飲酒
免疫
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.