日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 酒好き女性に朗報 乳がんリスクを下げる可能性のあるつまみとは  > 3ページ目
印刷

左党の一分

酒好き女性に朗報 乳がんリスクを下げる可能性のあるつまみとは

お酒を飲むなら「量」と「頻度」のどちらかは妥協しよう

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

枝豆のほか、納豆や豆腐、厚揚げ、大豆もやしなど、大豆を使ったつまみは多い(写真はイメージ=123RF)
枝豆のほか、納豆や豆腐、厚揚げ、大豆もやしなど、大豆を使ったつまみは多い(写真はイメージ=123RF)

 大豆! 大豆といえば枝豆、納豆、豆腐、厚揚げ、大豆もやしなどなど、酒のアテ(つまみ)にぴったりな食品ばかり。しかも低カロリーで高たんぱくなので、肥満予防にもなるのではないかと期待したい食品だ。

 しかし大豆と聞くと、気になるのは大豆に含まれているポリフェノールの一種、イソフラボンである。イソフラボンは、主な女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持つことで知られている。前回の記事で、「エストロゲンにさらされる期間が長ければ長いほど、そしてエストロゲンの量が多ければ多いほど、乳がんの罹患率が上がる」と伺っていた。イソフラボンによるリスクはないのだろうか?

 「エストロゲンと似た作用があるイソフラボンは、その化学構造もまたエストロゲンとよく似ています。イソフラボンは体内に存在するホルモンの受け皿である『女性ホルモンレセプター』に結合することで、エストロゲンがそれに結合するのを阻止します。これによってエストロゲンの働きを抑え、乳がんの発生や進行を遅らせると考えられているのです。イソフラボンを含んだ食品は、特に女性ホルモンの分泌が乱高下する閉経前の女性に積極的にとってほしいですね」(松尾さん)

サプリはあくまでも「補助的」に

 おお、これはまさに酒好きの女性にとっての救世主! イソフラボンといえば、サプリメントも出ているので、これを活用する手もありそうだ。どうでしょう、先生。

 「サプリメントはあくまで“補助”と考えてください。サプリをとることを否定はしませんが、カラダにいいからといってたくさんとればいいということではありません。食品からならとり過ぎることはあまりありませんが、サプリだととり過ぎる可能性があります。お酒同様、適量を意識しましょう」(松尾さん)

 なるほど、いくらカラダにいいとはいえ、「多ければいい」ということではないのだ。

 ちなみに、最近は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内細菌によって代謝されて生み出される「エクオール」のサプリメントもある。これについても、イソフラボンのサプリ同様、「補助的なものとして考えたほうがいい」と松尾さん。大豆を使った食品がなかなかとれないときなど、ライフスタイルに合わせ、うまく活用したい。

 ところでおつまみといえば、枝豆と並んで手軽な「チーズ」も定番だが、一部の週刊誌やネット記事において、「チーズなどの乳製品は乳がんの罹患リスクを上げる」という情報を目にすることがある。実際にはどうなのだろう?

 「先に挙げた国立がん研究センターの『がんのリスク・予防要因 評価一覧』を見ると、牛乳・乳製品は『データ不十分』という評価になっています。日本人が年間にとる乳製品の量は欧米に比べるとかなり少ないので、このような評価になっていると思われますが、たまにおつまみとしてチーズを1~2片食べるくらいなら、そこまで神経質にならなくて大丈夫です」(松尾さん)

 チーズ好きな人も、これを聞いてホッとしたかもしれない。

 もう1つつまみで注意したいのは、肥満の原因にならないようにすることだ。前回も触れたように、肥満は閉経前の女性にとって乳がんのリスクを上げる「可能性あり(BMI30以上)」で、閉経後では「確実」にリスクを上げると評価されている(*2)。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方
飲酒
がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.