日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 飲酒中の「薄色おしっこ」は良い? 悪い?
印刷

左党の一分

飲酒中の「薄色おしっこ」は良い? 悪い?

体内の「水分」「塩分」のバランスが、喉の渇きやおしっこに現れる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

うだるような連日の猛暑の時期は、喉の渇きを潤してくれるビールをはじめ、一服の涼をを与えてくれる冷たい酒が欠かせません。「水分補給だ!」とばかりにジョッキをあおる左党に限らず、お酒を飲むほどに近くなるのが、あの生理現象…。そう、おしっこ。実は、ほとんど意識を向けることがない「色」「量」、そして「回数」には、お酒を飲むときには知っておいた方がいい、大切なサインが隠れていることがあるのです。

 酒を飲み始め、杯が重なると、もよおしてくるのが尿意。一度、トイレに行き始めると、堰を切ったように、短時間で何度も行くのは決して珍しいことではない。左党の場合、「体内のアルコールを排出できる」と都合よく解釈しがちだが、実はこの生理現象には危険が隠されていることもあるという。“被災地”となる恐れがあるのが、「腎臓」だ。

酒席が続く間、何度となく向かうトイレ。ほとんど意識していないおしっこの「色」「量」などには、体内の水分の状態を示す大切なサインが隠れている。(©Alexander Kharchenko-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 尿を作り、血液中の老廃物を回収する人体にとって重要な機能を備えた臓器。腎臓とアルコールとの関係について、慶應義塾大学病院の血液浄化・透析センター長、林松彦教授に話をうかがった。

尿は飲んだ酒量の1.5倍にも!

 「お酒を飲んで、トイレが近くなるのは、アルコールによって脳下垂体にある抗利尿ホルモンが抑制され、必要以上に尿が出てしまうからです。事実、ビールを飲んだ後の尿の量は、実際に飲んだ量よりも多く、1.5倍にもなることがわかっています。ビールをはじめとするアルコールの摂取は、水分補給になるどころか、むしろ体内の水分量を減らし、脱水状態を引き起こす危険性があるのです」(林教授)

 ビールを水代わりと称して、チェーサーにする左党も多いが、結果的には全く水分補給になっていない。特にこの季節はジョッキが進み、酔いが深まるにつれ、だんだんと喉が渇いてくるという経験をしたことがある人も多いだろう。

 ならば、アルコールによって失われていく水分を、水で補えばいいのではないのだろうか? 

 「水を飲むことは確かに必要ですが、問題はその量です。がぶ飲みはかえって体にとって逆効果になることがあります。水は酒と同量位で十分だろうと思います。水分を過剰に摂取すると、血中のナトリウム濃度が必要以上に薄まってしまい、低ナトリウム血症を招き、虚脱感や食欲不振、悪心といった症状を引き起こすことがあるからです」(林教授)

 林教授によれば、飲酒による体のトラブルを防ぐために、目安にしておきたいものがあるという。その1つは、尿の「色の変化」だ。酒席では、まず気にすることがない尿の色。一体それにはどんな秘密が隠されているというのだろうか?

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.