日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > ビールはたくさん飲めるのに、水だとすぐお腹いっぱいになるのはなぜか?
印刷

左党の一分

ビールはたくさん飲めるのに、水だとすぐお腹いっぱいになるのはなぜか?

「水は胃で吸収されないが、アルコールは胃で吸収されるから」は本当?

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

夏はやっぱり冷たいビールがおいしい。あまりにおいしすぎて、気づけば短時間で大ジョッキを何杯も!などという左党も少なくないだろう。ビールだとついジョッキを重ねてしまうが、水だとこうはいかない。なぜビールだとたくさん飲めるのだろうか。ネットには「水は胃では吸収されないが、アルコールは胃でも吸収されるから」などとまことしやかに書かれているが、これは本当だろうか? 胃や腸などの消化器系のメカニズムに詳しい東海大学医学部 内科学系 消化器内科学教授の松嶋成志さんに話を聞いた。

アルコールは胃で吸収されるといっても、ビールのほとんどは水

夏はビール! ついついジョッキを重ねてしまうが、水だとこうはいかない。なぜビールだとたくさん飲めるのだろうか(©PaylessImages -123rf)

 最高気温が35度を超えることが珍しくなくなり、じっとしていても額に汗がにじむようになったこの頃…、こんな時はビールでしょ、ビール!

 拭ってもなかなか引かない汗も、きんきんに冷たーく冷やしたビールをごくっと飲めば、体の中からすーっと冷えてくる。夏はやっぱりビールがおいしい。あまりにおいしすぎて、気づけば短時間で大ジョッキを3杯なんてこともざらである。

 目の前並んだ空の大ジョッキを見て、いつも疑問に思うのは「どうしてビールはたくさん飲めるのに、水は飲めないのだろう」ということ。筆者の身長は152センチ(体重はナイショ)。この小さいカラダの中に大ジョッキ700mL×3杯=2.1Lがどう収まっているのかが不思議でならない。一方、“ただの水”になると途端に飲める量が減り、私の場合がんばって飲んでも1回300mLがせいぜいである。周りの男性に聞いても、「がんばっても1Lくらいかな」と話していた。

 かねがね不思議に思っていたので、先日、ネットで検索してみた。すると、同じような疑問を持つ人は多いらしく、質問とその回答がいくつも見つかった。そこでは「水は胃では吸収されず、腸でしか吸収されない。一方でアルコールは胃でも吸収される。だからビールはたくさん飲める」とまことしやかに書かれている。これらの書き込みを見た私は、一瞬「なるほど!」と思って納得してしまった。

 だが、これは本当だろうか? 落ち着いてよく考えてみると、ビールのアルコール分はたかだが5%程度だ。ビールを1L飲んだとして、仮にそのアルコール分がすべて胃で吸収されたとしても、たったの50mLでしかなく、残りの水分の大半は胃に残ってしまう。さらにアルコールは胃だけでなく、小腸でも吸収されるという。こうしたことを考えると、「アルコールは胃で吸収されるから、ビールはたくさん飲める」という理論は説明がつかなくなる。

 そこで今回は、左党の多くが抱くこの疑問を解明すべく、胃や腸などの消化器系のメカニズムに詳しい東海大学医学部 内科学系 消化器内科学教授、内視鏡室長の松嶋成志さんに話をうかがった。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.