日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 飲み過ぎると下痢に? アルコールと腸の深い関係  > 3ページ目
印刷

左党の一分

飲み過ぎると下痢に? アルコールと腸の深い関係

飲酒による自律神経の影響から、腸内細菌への作用まで

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

アルコールは大腸で吸収されないのに、なぜ大腸がんのリスクに?

 ところで、こちらも過去の連載で取り上げたが、飲酒により大腸がんのリスクが上がるのは「確実」だと見られている(参考「飲酒が大腸がんのリスクを上げるのは確実!?」)。また、先ほど長期にわたる過剰なアルコール摂取が原因で、消化機能が低下してしまうという話も聞いた。

 酒好きとしては、自分の腸に対するアルコールの影響が心配だ。大平さんに、腸内環境の専門家として、長期的な飲酒と腸の関係について聞いた。

 「ちょっと極端な例になりますが、私と共同研究をしている東北大学の中山亨教授のグループは、アルコール依存症の方の便を調べてみました(*1)。すると、アルコール依存症の方の腸内環境では、ルミノコッカスやビフィズス菌といった偏性嫌気性菌(酸素に触れると死ぬ菌で、人の腸に存在する菌の99%以上に当たる)が、健康な方に比べて明らかに少ないことが分かりました。つまり、長期にわたり過剰な飲酒が続くことで、腸内細菌のバランスが大きく変わってしまったわけです」(大平さん)

*1 Scientific Reports. 2016;6:27923.

 腸内細菌のバランスと言えば、メタボリックシンドロームや生活習慣病、そして認知症にも関係してくるのではないかと最近の研究で分かってきたそうだ(参考「『腸活』に最適! 3つの最強食材とは? 腸と腸内細菌の秘密」)。依存症とまではいかなくても、長期にわたって飲み過ぎている場合、腸内細菌に悪影響がある可能性も少なくないだろう。

 そして大平さんは、次のような興味深い指摘もしてくれた。

 「ご存じかもしれませんが、アルコールは胃と小腸で吸収され、大腸まではほとんど到達しません。それなのに、アルコールが大腸がんのリスクを上げるというのは、不思議ではありませんか?」(大平さん)

 そういえばそうだ。過去の取材でも、胃と小腸でアルコールは吸収されてしまうと聞いた(参考「忘年会対策は『ベジファースト』ならぬ『オイルファースト』?」)。

 「実験データを見ると、アルコールは体内で代謝されるまで、血液を介して全身を巡っていることが分かります。つまり、毛細血管というルートを通じて大腸にもアルコールが到達しているのです。飲酒により大腸がんリスクが高くなるのは、こうしたことも原因になっているのではないかと考えられます」(大平さん)

 なるほど。それならば、乳がんなどのリスクが上がることも説明できる。

 「アルコールは最終的に、肝臓や筋肉などで代謝されますが、その過程で『酸化ストレス』が生まれます。われわれのグループが行ったマウスにおける実験結果を見ると、アルコールの量が増えるほど、しかもそれが長期になるほど、この酸化ストレスが腸に悪影響を与えていることが分かります(*2)。酸化ストレスによって偏性嫌気性菌がやられることも想像できるので、過剰なアルコールの長期にわたる摂取によって、酸化ストレスが継続的にかかることで、腸内細菌のバランスが崩れるという説が成り立つのです」(大平さん)

*2  PLoS ONE. 2021;16(2): e0246580.

腸を整える食べ方・飲み方

 ちょっと飲み過ぎて下痢になるならまだしも、腸内細菌のバランスが崩れ、大腸がんなどの病気のリスクが上がるとなると、軽視してはいられない。なるべく飲み過ぎないようにすることは当然として、腸をいたわるにはどのような食生活を送ればいいのだろうか。

 「一言で言えば、伝統的な日本食がお勧めです。玄米、野菜、キノコ類、適度な果物をバランスよくとり、肉より魚を選ぶこと。お酒のおつまみであれば、わかめの酢の物や豆腐、枝豆などもいいですよね。脂肪分の多い食事は避けましょう。腸には味噌やキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品がいいと言われていますが、塩分のとり過ぎには注意しましょう。正直、『とにかくこれを食べれば大丈夫』というものはありません。要はバランスです」(大平さん)

 どうやら酒が進む揚げ物や塩辛は、腸には優しくないようだ。

 和食など栄養バランスのいい食事に加え、「適度な運動も自律神経を刺激し、腸を活性化するのに効果的」と大平さん。ウォーキングや軽い筋トレなども、習慣的に取り入れたい。

◇     ◇     ◇

 酒が進むと、つい「もう1軒行ってみよー!」と盛り上がってしまいがちだが、そこはグッと抑え、「ふんわり酔って気持ちいい」くらいでとどめておく。腸のためにも、ドーパミンではなく、セロトニン優位の飲み方を心がけたいものだ。

(グラフ制作:増田真一)

大平英夫(おおひら ひでお)さん 神戸学院大学 栄養学部栄養学科 准教授
大平英夫(おおひら ひでお)さん 神戸学院大学栄養学部栄養学科卒業。1997年、福井医科大学医学部附属病院(現:福井大学医学部附属病院)医事課栄養管理室管理栄養士。2002年より神戸学院大学 栄養学部栄養学科 講師。2016年より現職。
酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

先頭へ

前へ

3/3 page

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.