日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 飲酒で肺炎リスク増加? コロナ後の酒との付き合い方  > 4ページ目
印刷

左党の一分

飲酒で肺炎リスク増加? コロナ後の酒との付き合い方

アフター・コロナの飲み方【後編】「安く酔える」あの酒にも要注意!

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

アルコール摂取量と市中肺炎のリスク
1日当たりのアルコール摂取量が10~20g増えるごとに、市中肺炎のリスクが8%増加する。(出典:BMJ Open. 2018; 8(8): e022344.)

 ひー! 免疫が下がって、肺炎のリスクが増えるって、これはもう、アフター・コロナの酒との付き合い方を全面的に見直さなければならないだろう。

 「さらに、こういう論文もあります。肺炎などがきっかけとなって重度の呼吸不全をきたす病気のことを、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)というのですが、慢性的な高アルコール摂取は、ARDSのリスクを1.89倍に増加させることが分かりました(Chest. 2018;154(1):58-68.)。ARDSのリスクが高いということは、新型コロナウイルスに感染した場合に、急速に呼吸不全に陥るリスクも高いといえるかもしれません」(吉本さん)

 なんと…。報道などから、新型コロナウイルス感染症では、急に症状が悪化し、あっという間に亡くなってしまう場合があるという印象を持っていたが、飲酒量が多くなると、そのリスクも高まる恐れがあるというのか…。

 「アルコールによる免疫力の低下によって、感染症や全身性炎症を含む、さまざまな疾患のリスクを高めるという報告もあるので注意が必要です。もともとアルコールは、がんをはじめとする多くの病気に罹患するリスクを高めることが分かっています。コロナをきっかけに多量飲酒が習慣になってしまうと、今は大丈夫でも、やがて何らかの病気にかかってしまう恐れがあるのです」(吉本さん)

「ヒマ」があるから酒量が増える

 しかし、我々のような酒好きにとって、「飲むな」と言われても、それはもう蛇の生殺しでしかない。

 先生、何かいい方法はないものでしょうか?

 「お酒が好きな人にとって、お酒をやめることは難しいと思うので、まずは減らす方向で考えてみてはどうでしょう? いの一番にやることは、ヒマを作らないことです。ヒマな時間があると、ついたくさん飲んでしまいますから。散歩やヨガ、ドラマを見るなどして時間をつぶし、晩酌の時間を短くするだけでも違いますよ」(吉本さん)

 なるほど。晩酌の前後に何か時間がつぶせる活動を入れることで、酒を飲む時間を減らすということか。吉本さんのアドバイスを受け、筆者も夕食後にウォーキングをすることにした。飲み過ぎるとウォーキングどころではなくなるので、自然と酒量が抑えられ、なかなかいい感じである。

 「私の患者さんのなかには、お酒を飲む前にご飯を食べてお腹をいっぱいにするという方もいます。満腹だとお酒があまり入らなくなるそうです。またお酒を飲む際に水を飲むことも有効です。水でお腹が膨れるだけでなく、血中アルコール濃度も下げられますし、さらにはアルコールによる脱水も防ぐことができます」(吉本さん)

 確かに、満腹のときはそんなにたくさん飲めなくなる。水同様、すぐに実践できそうだ。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方
飲酒
新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.