日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?
印刷

左党の一分

酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?

酒乱の条件【前編】飲むと豹変する人を生む2つの要因とは

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

長年、職場の飲み会などを経験していると、1度や2度は「酒を飲むと人格が豹変する人」に会ったことがあるのではないだろうか。いわゆる「酒乱」だ。宴会が盛り上がって楽しくなるくらいならいいが、度を越すと大きな問題になる。読者の中には「私はもしかしたら酒乱?」と密かに心配している人もいるだろう。そもそも酒乱とは? そして酒乱になる人とならない人は何が違うのだろうか。前後編に分けて、詳しく解説していこう。

雪降る夜、究極の酒乱に投げ飛ばされた!

職場の飲み会などを長年経験していれば、「酒を飲むと人格が豹変する人」に出会った経験があるだろう。いわゆる「酒乱」だ。(c)Shojiro Ishihara-123RF

 「あの人、飲むと豹変するんだよね…」

 あなたの周りにこんなふうに言われている方はいないだろうか? 酒を飲んでテンションが上がったり、冗舌になるのなら「ただの酔っ払い」。しかし中には酒が入ると、人格が変わったかのごとく、豹変する人がいる。そして暴言すれすれのアブない発言を連発したり、酒の席だからかろうじて許されるようなセクハラまがいの発言をしたりすることもある。いわゆる「酒乱」と呼ばれるやつである。昨晩、大胆発言を繰り返していたのに、翌日は全く覚えていない、などという人も珍しくない。

 こうした人が飲み会に参加すると、宴会が盛り上がって楽しくなることもあるが、その一方で度を越すと大きな問題になる。ひどくなると、暴力を振るったり、暴言を吐きまくる人もいる。飲酒した後に、暴力沙汰となり、警察のお世話になった、などというケースは今でも後を絶たない。

 今から10余年前、私は究極の酒乱ともいうべき人を目の当たりにしたことがある。彼は酒を飲まなければ、ごくフツーの男性で、どちらかというと目立たないタイプ。しかし酒を飲むと一転、誰にも止められない大魔神と化すのだ。

 彼と一緒に仕事で東北を訪れたときのこと。いつにも増して早いピッチで飲んでいた彼は、店でも傍若無人の振る舞いで、私は「これはまずいな。早めに切り上げたほうがよさそう」と感じ、彼がトイレに入っている間に会計を済ませた。ところが、それにぶち切れた彼は、表に出た途端、私の首根っこをつかみ、ばぴゅーんと投げ飛ばしたのである。雪が積もっていたからいいものの、もしアスファルトだったら…、擦り傷くらいでは済まなかっただろう。

 翌朝、その話を彼にすると、「全く記憶にない」という。彼は平謝りしていた。その後、すっかり疎遠になってしまったが、彼は今、どうしているのだろう? 強烈な酒乱ぶりは封印したのだろうか(遠い目)。

 私の例はかなり極端な例かもしれないが、読者のみなさんも職場の飲み会などを長年経験していれば、性格が豹変して、問題発言を連発するような「酒乱」の人に会った経験は、多かれ少なかれあるのではないだろうか。

私はもしかしたら酒乱かも…

 だが、そもそも酒乱とは何をもってそう呼ぶのだろうか? 左党の中には「もしや自分も酒乱なのでは?」と不安を抱いている方もいるだろう。かくいう私も、問題行動などは起こしていない(と思う)が、朝起きたらメガネが割れていた、覚えのないアザがカラダにできていた、飲酒時の記憶がスッポリ抜けていた、などという経験は過去に幾度かあった。もしかしたら、私も酒乱なのだろうか? 非常に不安である。

 そこで今回は、神経内科医で『酒乱になる人、ならない人』(新潮新書)の著者である帝京科学大学 医療科学部 医学教育センター教授の眞先敏弘さんに話を伺った。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.