日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?  > 4ページ
印刷

左党の一分

酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?

酒乱の条件【前編】飲むと豹変する人を生む2つの要因とは

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

下戸遺伝子を持っていないことも条件

 なるほど、ADH1B*2が酒乱に関わる遺伝子であることは分かった。ただし、眞先さんによると、もう一つ条件があるという。それがALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)の活性だ。

 「毒性の強いアセトアルデヒドを分解するALDHも複数があり、最も大きく影響するのはALDH2です。ALDH2も、アルデヒドの分解能力が高いALDH2*1と分解能力がないALDH2*2があり、両親からそれぞれ1つずつもらい受けます。ALDH2*2を持っている人はお酒を飲むと顔が真っ赤になったり、気分が悪くなる人です。ALDH2*2を2つ持つ人は完全な下戸、1つ持つ人は顔が赤くなり、多くの量が飲めないタイプです。私はALDH2*2を『下戸遺伝子』と呼んでいます。酒乱と呼ばれる人はこの『下戸遺伝子』を持っていないタイプが該当します」(眞先さん)

 そろそろ頭が混乱してきた方のために、ここで一度整理しよう。下の分類表を見ていただきたい。ADH、ALDHともに3つのタイプがあるので、合計9つに分類できる。

酒乱の可能性が高いのはこのタイプ

 酒乱になりやすいのはADH1B*2(酒乱遺伝子)を持っていて、かつALDH2*2(下戸遺伝子)を持っていないタイプ。特に危険なのはADH1B*2を2つ持っていて、ALDH2*2を持っていないタイプである(図の右上の二重丸のところ)。そして次に危険なのはADH1B*2とADH1B*1を1つずつ持っていて、ALDH2*2を持っていないタイプとなる(図の中央上の三角のところ)。

 眞先さんは、ALDH2*2(下戸遺伝子)を持っている人、つまり完全な下戸や顔が赤くなる人は、まず酒乱になることはないと話す。「酒乱になるためには血中アルコール濃度が0.2%を超えることが条件になると考えられます。下戸遺伝子を持つ人は、どんなに努力しても飲む量に限界があります。0.2%を超えるのは難しいでしょう」(眞先さん)

 眞先さんによると、日本人は酒乱遺伝子ADH1B*2を持つ人が多くいるが、白人・黒人にはほとんど見られないという。つまり、「日本人は遺伝的に酒乱になりやすい人が多いといっていいでしょう」(眞先さん)

 眞先さんの話を聞くうち、何だかだんだん不安になってきた…。私、思い切り酒乱の素質があるんじゃなかろうか? 私自身、アルコールに関する遺伝子を調べたことはないが、気になる方は久里浜医療センターなどの専門機関で検査を受ければ確認できるそうだ。またはネットなどで販売している「アルコール感受性遺伝子分析キット」などを利用する手もある。

酒好き医師が教える再考の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.