日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?  > 2ページ
印刷

左党の一分

酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?

酒乱の条件【前編】飲むと豹変する人を生む2つの要因とは

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

酒乱には遺伝的要因と環境的要因がある

 先生、そもそも「酒乱」とはどういった状態を指すのでしょう?

 「科学的な観点から言うと、酒乱とはアルコールによって脳内の大脳皮質が麻痺し、社会的な規範を逸脱する言動が出ている状態、またはそうした状態にしばしば陥る人を指します。簡単に言えばアルコールを飲むと性格がガラリと変わって、過激な発言をしたり、問題行動を起こす酒飲みのことです」(眞先さん)

 「もちろん、酒乱といっても程度はさまざまです。中には憎めない酒乱もいます。関係者に容認された酒乱でむしろその人と飲みたいという人もいますし、逆に関係者から避けられる、つまりその人とは一緒に飲みたくない酒乱もいます。前者が『いい酒乱』、後者が『悪い酒乱』と言えるでしょう」(眞先さん)

 「大脳皮質の麻痺のレベルには違いがあると考えられます。極端な例として、行動が短絡的・暴力的になり、ときに犯罪に結びつくレベルになる『悪性酒乱』とも呼ぶべき状態になると、おそらく大脳皮質の大部分が麻痺に陥り、道徳的な規範などが守れなくなっている状態と考えられます」(眞先さん)

 程度の差こそあれ、「もしや私も…?」と思った方も少なくないはず(私もである)。では一体、「酒乱」と呼ばれるタイプと、フツーの酔っ払いとでは何が具体的に違うのか? またどんな要因が人を酒乱にしてしまうのだろうか?

 眞先さんは、「酒乱にもさまざまあり一概には言えない」と前置きしつつも、主に「遺伝的な要因」と「環境的な要因」が考えられるという。中でも「酒乱と遺伝子が関係していることは間違いないでしょう」と話す。

酒乱に深く関わっているアルコール脱水素酵素の個人差

 「実は酒乱には遺伝子が深く関わっているのです。中でも注目すべきはアルコール脱水素酵素(ADH)と、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の組み合わせです。ADHやALDHの活性は、遺伝的な要因による個人差があります。酒乱の場合、特にADHのタイプが鍵になると考えられます」(眞先さん)

アルコール(エタノール)のほとんどは肝臓で代謝される。エタノールは「アルコール脱水素酵素(ADH)」により、アセトアルデヒドとなり、「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」により無毒な酢酸になる
[画像のクリックで拡大表示]

 ADH、並びにALDHは本連載で何度も登場しているが、ここで改めて説明しよう。これらの酵素は、カラダの中でアルコール(エタノール)が分解されるプロセスで欠かせないものである。私たちのカラダの中ではアルコールが入ると、まずADHによって、毒性を持つアセトアルデヒドに分解される。次にALDHの働きによって、アセトアルデヒドは無害な酢酸に分解され、最終的には水と炭酸ガスなどに分解される。このADHやALDHの活性は遺伝的要因が大きく影響する。

 以前の連載でも紹介したように、一般に、酒の強さについては、ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)の活性のほうが大きく関与するといわれている。お酒を飲んで顔が赤くなる、ならないの差もALDHが大きく影響する。

 しかし、酒乱については、ADH(アルコール脱水素酵素)が深く関与しているというのだ。ADHには種類がいくつか存在するが、大きく影響するのがADH1B(以前はADH2と呼ばれていたもの)だという。両親からADH1Bのどの遺伝子をもらい受けるかによって、アルコールの分解能力が変わってくる。

酒好き医師が教える再考の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.