(1)(2)血液が“ドロドロ”になった状態で血管内皮細胞を傷つけると、止血するために血小板が集まる。(3)血小板の塊「血栓」ができる。(4)血栓は「フィブリン」と呼ばれる繊維状のタンパク質を引き寄せる性質があり、血管内にできた血栓をだんだん大きくしていく。(図:公益財団法人 循環器病研究振興財団)

記事に戻る