日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 減酒をサポートしてくれるという新薬、その効果は?
印刷

左党の一分

減酒をサポートしてくれるという新薬、その効果は?

新薬を服用したグループは多量飲酒日、飲酒量ともに減少

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

酒量を減らしたほうがいいのは分かっているけど、なかなか減らせない――。これは多くの左党が持つ悩みだろう。アルコール依存症と診断された人はもちろん、そうでない人も、お酒のトラブルを未然に防ぐため、健康維持のために検討したい「減酒」。最近は減酒をサポートする減酒外来を始めた病院が登場したほか、今年3月には「減酒」をサポートする新薬が登場するなど、減酒をとりまく状況が大きく変わってきた。今回は、久里浜医療センター院長の樋口進さんに新薬について話を聞いた。

今年3月に減酒をサポートしてくれるという新薬が登場した。これを使えば減酒を進めやすくなるのだろうか。(c)Andriy Popov-123RF

 前回は、アルコール依存症治療の現状についてお伝えした。かつては、「依存症の治療は断酒のみ」だったものが、近年、飲酒量を減らす「減酒」という選択肢が広がってきた(*1)。2017年には久里浜医療センター(*2)で「減酒外来」が始まっているし、まだ多くはないが、他でも減酒外来を設ける病院が出てきている。

 「断酒でなくてはダメ」と言われてしまうとハードルが高くなるが、「減酒でもいい」「まずは減酒から始めてみては?」と言われれば、「ちょっと検討してみようかな?」と思う左党も少なくないのではないだろうか。

 前回も少し書いたが、私の知人は、「アルコール依存症の専門病院は怖くて受診できない」と話していた。なぜなら「『断酒』を勧められると思っている」からだ。私からすると彼の場合は多量飲酒であるものの、ギリギリ仕事に大きな支障が出るまでではないように見える。とはいえ、病院で診断を受ければ、「アルコール依存症」と診断される可能性は高いし(本人はそれを心配している)、彼自身の健康のためには断酒が望ましいのではないかと思う。しかし、酒販店勤務ということもあり、仕事上完全に絶つことは難しい。そんなときに減酒という選択肢はとてもいいと思う。

 飲む量を減らす減酒は、依存症レベルの人はもちろん、酒乱やブラックアウトなどの酒に関わるトラブルが不安な人、そして酒量が多くて肝機能の数値が悪い人などなら、ぜひとも実行してほしいこと。しかし、自分の意思だけではなかなか抑えられないという思いは、多くの左党が抱える悩みであろう。そんなときに、減酒外来を活用するというのは検討に値することだ。

 さらに、今年3月には減酒をサポートしてくれるという新薬が登場した。減酒外来を設ける病院に加えて、減酒をサポートする薬も登場したわけだから、本気で減酒に取り組みたい人にとっては間違いなくいい環境になってきたといえるだろう。

 今回は前回に続き、アルコール問題のエキスパートである久里浜医療センター院長の樋口進さんに、新薬について話を聞いていく。飲酒量を減らすというが、どんなメカニズムで作用するのか、そしてその効果は? またどんな人が利用できる薬なのだろうか。

*1 「新アルコール・薬物使用障害の診断治療ガイドライン」(2018年)では、重度のアルコール依存症の人だけでなく、軽度の依存症の人にも焦点を当てた内容に改訂された。
*2 アルコール依存症をはじめとした各種依存症の専門治療を中心とした病院(独立行政法人国立病院機構に所属)。1963年に日本で初めてアルコール依存症専門病棟を設立、アルコール問題に関わる医療で日本をリードする病院。2012年に、名称を「久里浜アルコール症センター」から現在の「久里浜医療センター」に変更。
酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.