日経Gooday TOP  > からだケア  > 左党の一分  > 私のコロナ禍 酒量増加の恐怖! 5Lの業務用ウイスキーを購入

左党の一分

私のコロナ禍 酒量増加の恐怖! 5Lの業務用ウイスキーを購入

アフター・コロナの飲み方【前編】外出自粛で酒量が増えてしまった人の特徴

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

新型コロナウイルス感染症の対策として、「外出自粛」に取り組んだ人も多いだろう。家にいる時間が長くなった結果、酒を飲む量が増えるのは、世界的に共通する傾向だという。このままでは私たちの健康に甚大な被害を及ぼしかねない。そこで、飲酒と健康についての研究を手がける筑波大学准教授の吉本尚さんに、コロナ禍で酒量が増えてしまった人の抱える問題について話を聞いた。

コロナ禍で酒量が増えてしまった場合、それがアルコール依存症の第一歩となる恐れがある。(c)belchonock-123RF

 5リットルの業務用ウイスキーを買ってしまった…。

 いつもなら、そんな大容量の酒は買わない。大容量の酒が身近にあると、つい飲み過ぎてしまうので「買わない」と心に決めていた。

 しかし緊急事態宣言の後、「買い物は3日に一度に」という都知事の声明が出たこともあり、近所のスーパーに頻繁には行けなくなった。週末に入場制限をする店もあるし、さらにはまとめ買いの人が多いのか、お気に入りの酒が品薄だったりする。

 言い訳にしか聞こえないかもしれないが、そんな事情もあって、ネットで業務用のウイスキーに手を出してしまったのだ。そして案の定、酒量が増えてしまった…

 だがコロナ禍で酒量が増えているのは私だけではない。私の周囲の酒好きに聞いてみると、こんな声が返ってきた。

 「仕事が終わったら移動せずにすぐ飲めるし、終電を気にしなくてすむ」
 「テレワークだと早起きしなくていいから、ダラダラ遅くまで飲んでしまう」
 「旅行にも行けず、その分、ぜいたくなテイクアウト料理や酒を買ってしまう」
 「飲むことしか楽しみがない」

 読者の方から「ああ、分かる」という声が今にも聞こえてきそう。これは日本だけではなく、世界的にも言えるようで、在宅勤務をしている全米3000人を対象としたAlcohol.orgの調査で、コロナ禍で「酒量が増える」と答えた人は35%もいることが分かった。また、「在宅勤務中に酒を飲む」と答えた人は3分の1にも上る。

 勤務中に酒なんて… と思ったが、そりゃ監視の目がないわけだし、「ランチのついでに軽くビールを一杯♪」なんてこともできる。

 それでなくてもコロナ禍でさまざまなストレスが心身にかかっているのだから、酒を飲みたくなるのも当然… かもしれない。

 だが、そんなことではアルコールの弊害がカラダのあちこちに表れ、エライことになってしまう。そう、このままではいけない。5リットルのウイスキーを買ってる場合ではないのだ。

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナ
飲酒
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.