日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 酒のトラブルや健康が不安な人に、病院で「減酒」という新たな選択肢  > 3ページ
印刷

左党の一分

酒のトラブルや健康が不安な人に、病院で「減酒」という新たな選択肢

“断酒が前提”だったアルコール依存症治療にも大きな変化が

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

久里浜医療センターの「減酒外来」とは?

 次に、久里浜医療センターの減酒外来について詳しく話を聞いていこう。

 「減酒外来とは、その名の通り『お酒を減らすため』の外来のことです。これは、アルコール依存症の人、そして依存症まで行かないけれど飲み過ぎが気になる人(酒乱などの何らかのアルコール問題を持っている人も含む)を対象にしています。最終目的は必ずしも断酒でなくてもよく、通院しながら減酒によって、さまざまな問題を解決することを目指していきます。そして、酒量については、本人と医師で相談して決めています」(樋口さん)

 なるほど、酒乱など自分のお酒の飲み方に不安を感じている人も対象で、断酒が最終目的でないなら、受診しやすそうである。これは新しい! 「最後の砦」というイメージのある久里浜医療センターの敷居が一気に低くなりそうだ。

 なお、アルコール依存症の中でも重症の人については、最終的な目標は断酒だが、本人が減酒を強く希望する場合は、中間目標として減酒をサポートする。減酒がうまくいかなかった場合は断酒に切り替える。

飲酒でトラブルを起こし、一生を棒に振る可能性だってある

 少し話がそれるが、最近は、酒癖が悪い芸能人などが事件を起こし、ニュースで取り上げられる機会もよく目にする。読者の中にも、飲酒時にブラックアウトを起こして、そのときの記憶がない、などという経験がある人は少なくないだろう。こうしたときに、自分ではまったく覚えていないのに大きなトラブルを起こし、一生を棒に振る可能性だってあるのだ。詳しくは以前のコラムでも紹介したように、私はかつて、酒乱に投げ飛ばされた経験があるが、私を投げ飛ばした当人は、翌日そのことをまったく覚えていなかった。

 こうした“酒乱”の中には、そのリスクを理解し、「減酒」したいと真剣に思っている人もいる。こうした人の減酒をサポートしてくれる治療があるというのはとても意義があることだと思う。

 樋口さんによると、実際に減酒外来で受診される方には、興味深い傾向があるという。

 受診された人の8割は、何らかのアルコール問題を抱えてはいるが、アルコール依存症と診断されるレベルではなかったそうだ。「受診される方の大半は40~50代で、ほとんどの方が仕事をされていて、家族もいます。そして、大学卒以上が多くを占めるなど高学歴の方が多くいます。このように、通常の依存症の方と異なるプロフィールの方が受診されています」と樋口さんは話す。

 そして、「減酒外来を受診される方は、本人が1人で来院されるケースがほとんどです。本人が自分の意志で、電話で予約していらっしゃいます。アルコール依存症の場合、自分が依存症だということを認識しておらず、家族に連れてこられる方がほとんどなので、この差は大きいです。自ら酒量を減らしたいというモチベーションがあるということですから」(樋口さん)

久里浜医療センターの「減酒外来」の受診理由(複数回答可)。その他の項目には、「現在断酒中だが減酒にしたい」「寝酒」「散財」「警察介入」「もの忘れ」「隠れ飲み」「セクハラ」などがある。(データ:久里浜医療センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 上のグラフは久里浜医療センターの減酒外来を受診した人に、受診した理由を聞いた結果だ。最も多いのがブラックアウト、それに暴言暴力も3番目に多い。「依存症でなくても、酔い方が悪くて、周りに迷惑をかけたり、大きな問題を起こすケースも少なくありません。普段はあまり飲まないけれど、飲むとひどい状況になるという人ですね。中には年に2回しか飲まないのに、飲むと飲酒運転をしてしまうという方もいました。こうした方が受診されるケースが多いです」(樋口さん)

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.