日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > お酒は控えた方がいいのか? 知られざる乳がんとアルコールの関係
印刷

左党の一分

お酒は控えた方がいいのか? 知られざる乳がんとアルコールの関係

飲む量が増えるほどリスク増、ただし肥満の方が影響は大きい

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

女性の乳がんに対する危機意識が高まっている。昨年は、タレントの北斗晶さんが乳がんを発症していたと大きく報道された。さらに先々週、声優・水谷優子さんが乳がんのため死去した。女性にとって乳がんは、身近にあるとても怖いリスクだ。その乳がん、実はアルコールと深い関係があるという。そこで今回は、お酒と乳がんの関係についてまとめた。

アルコールの摂取は乳がんのリスクを高めるという。これは本当だろうか(©My Make OU -123rf)

 昨年、タレントの北斗晶さんが乳がんに罹患したことを発表されたことで、今まで以上に乳がんに対する危機意識が高まった。その影響もあって乳がん検診を希望する女性で、乳腺科の予約が取りにくいという状況がしばらく続いていたという。筆者も年に一度は必ず乳がん検診をしているが、このときばかりは検査結果が陰性であっても不安になったし、夫からも再度の検診を勧められた。いつも元気印の北斗さんと、乳がんというフレーズが当てはまりにくいからか、この一件は、女性はもちろん、パートナーのいる男性にとっても衝撃的だったようだ。

乳がんの罹患率が急上昇している

 乳がんとは乳腺から発生するがんで、ご存じのよう乳房にできる。乳がんの約70~80%は女性ホルモン(エストロゲン)の刺激が主な原因とされている。昨今は初潮が低年齢化すると同時に、閉経年齢が上がっており、エストロゲンにさらされる年数が長くなっている。こういった背景から、乳がんの罹患率が上がっている。

 実際に、1980年と2003年のデータを比較してみると、乳がんの罹患率は明らかに増えており、さらには40歳以降、特に閉経後の乳がんが増えていることがわかる。2015年のデータによると乳がんに罹患した人は8万9000人と、80年代の実に4倍以上に増えているのだ。

年齢別乳がん罹患率の推移(※国立がん研究センター がん対策資料センター資料より作成)

 もはや乳がんは珍しい病気ではない。そして恐ろしいことに、「乳がんは飲酒とふか~い関係にある」という。実は当コラムでも以前、このことを少しだけ紹介している(「健康効果というと、なぜ赤ワインばかりが取り上げられるのか」の回をご参照ください)。このとき話を聞いてから、個人的にずっと気になっていた。

 その後、周囲の女性、何人かにこの話をしたのだが、ほとんどの人は知らなかった。ううむ、世の中の女性の多くはリスクがあることを知らずに、お酒を飲んでいるのか。ここは事実とそのリスクの度合いをきちんと探求せねばならない。そこで、日本乳癌学会理事長で、昭和大学医学部乳腺外科教授、昭和大学病院ブレストセンター長の中村清吾教授に詳しい話をうかがった。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.