日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 胃酸逆流を悪化させない酒とつまみの選び方
印刷

左党の一分

胃酸逆流を悪化させない酒とつまみの選び方

お酒は炭酸系を避け、つまみは脂肪分の少ないものを選ぶ

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

「逆流性食道炎」と診断された酒ジャーナリストの葉石かおりさん。幸い軽症で、すぐに治療する必要はなかったものの、悪化を防ぐためにはどうすべきかを、この病気に詳しい、国立国際医療研究センター病院・消化器内科診療科長の秋山純一さんに話を聞きました。どんな種類のお酒やつまみを選び、生活面ではどんなことに気をつければいいのでしょうか。

胃もたれや胸やけなどの症状がつらい場合、逆流性食道炎の治療のために投薬が必要になる(写真はイメージ=123RF)

 前回、アルコールそのものに胃酸逆流を促進させる作用がある、というショッキングな話を聞いた。

 だとするならば、酒飲みは逆流性食道炎で悩む人が多いかもしれない。

 国立国際医療研究センター病院・消化器内科診療科長の秋山純一さんによると、逆流性食道炎は炎症の程度によって4つのグレードがあり、そのうち必ず治療が必要になるグレードCとグレードDは、合わせて1割強。残りの9割弱は、症状によっては治療しなくてもいい「軽症」なのだ。

 「逆流性食道炎と診断された人の多くは、以下のグラフのAとBに相当するグレードです。このうち、週に2回以上、「胸やけ」の症状があると答えた人は2割ほどでした。週に2回、胸やけがあれば、生活の質(QOL)に影響しますので、治療の対象になり得ますが、残りのほとんどの人は、目立った自覚症状がないので特に治療する必要はありません」(秋山さん)

右の円グラフの出典:J Gastroenterol. 2009;44(6):518-534.

 軽症であれば治療をする必要はない、と聞いてホッとしている方も多いのではないだろうか。筆者もその1人である。先日受けた内視鏡検査の結果、逆流性食道炎と診断されたが、軽症ゆえに特に治療を勧められることはなかった。確かに、胸やけや胃もたれはなくはないが、それも食べ過ぎたり飲み過ぎたりしたときだけ。逆流性食道炎だからといって、困ったことは今のところない。

 しかし、もし今後、炎症が悪化して、グレードCやDになってしまったら、どうなるのだろうか。

 「グレードCやDでは、週2回以上の胸やけを訴える方が8割以上になります。Dになると、半数以上の方が『毎日胸やけがある』と答えています。こうなると、継続的な治療が必要になります」(秋山さん)

 毎日、胸やけがあるとなると、QOLは相当、悪くなりそうだ。今回は、逆流性食道炎の治療ではどのようなことを行うのかなどを、聞いていこう。

治療が必須なのはどんなケース?

 前回も述べたが、筆者が逆流性食道炎になったとSNSに書きこんだところ、「私も逆流性食道炎です!」という酒好きたちからのコメントがたくさん返ってきた。

 酒豪の中には、「治療が必要」と言われたにもかかわらず、「市販の胃薬を飲んでおけば胸やけも緩和する」と信じて、通院もせずに過ごしている人もいるかもしれない。そんなふうに自分で判断してしまっていいのだろうか。

 「グレードAやBの軽症の場合、治療は基本的に本人次第で、つらいと思ったら通院して治療すればいいのです。しかし、グレードCやDの重症となると、そうはいきません。なぜなら、逆流がひどくなると、合併症を引き起こすリスクがあるからです」(秋山さん)

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.