日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 胃酸逆流を悪化させない酒とつまみの選び方  > 3ページ目
印刷

左党の一分

胃酸逆流を悪化させない酒とつまみの選び方

お酒は炭酸系を避け、つまみは脂肪分の少ないものを選ぶ

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 「前回も説明したように、胃酸の逆流が起きるのは、胃と食道の間でバルブのような働きをする食道括約筋が緩んでしまうから。お酒好きの方には耳が痛いと思いますが、アルコールそのものに下部食道括約筋を弛緩させる作用があると言われているので、飲み過ぎは厳禁です。特に胃を膨らませる炭酸ガスを含んだビール、シャンパーニュ、そして柑橘類 + 炭酸 + アルコールというトリプルの組み合わせであるサワー系のお酒も控えたほうが無難です。白ワインなど酸っぱいお酒も良くないと言われています」(秋山さん)

 喉がカラカラの時にシュワッとした刺激がたまらない炭酸系がNGとは、酒好きにとっては大きな痛手。酒量にも気をつけるとともに、おつまみの選び方にも注意しなくてはならないという。

 「胃酸逆流の大きな原因となる食べ過ぎは厳禁。腹八分を心がけましょう。食事の内容も問題で、特に脂肪分の多い食事は胃もたれを助長します。唐辛子など刺激の強い香辛料、柑橘類、コーヒー、チョコレート、スイーツも胸やけを起こしやすいと言われています。また早食いは食べる際に空気も一緒に飲み込みやすく、それによって胃が膨らんでげっぷが出やすくなるので、時間をかけて食べるようにしましょう。げっぷが出ると逆流を助長するからです」(秋山さん)

 脂肪分が多い揚げ物は、酒の良き友。焼酎ハイボールに合う豚の角煮、レモンサワーが恋しくなるホルモン、日本酒に合う脂のりのりのウナギも良くないなんて(涙)。

 「過食、早食い、脂肪分の多い食事をしていると、肥満につながります。太るとお腹回りに脂肪がつき、胃を圧迫するため、逆流が起こりやすくなるという負のスパイラルに陥るので注意が必要です」(秋山さん)

 次々に耳が痛いアドバイスが飛んでくるが、前回も述べたように、飲んですぐに横になるのも、逆流の原因になるので避けたほうがよい。

脂肪分の少ない食事にすると胃もスッキリ

 「他にも喫煙や、胃を圧迫する前かがみの姿勢、ベルトやコルセットでお腹を強く締め付けることなども気をつけたい点です。逆流性食道炎は、投薬や生活面の改善で症状が緩和しても、再発しやすいと言われています。胃もたれや胸やけが良くなったからと気を緩めず、継続的に飲み過ぎ、食べ過ぎに注意するよう心がけましょう」(秋山さん)

逆流性食道炎の症状改善が期待できる生活習慣
逆流性食道炎の症状改善が期待できる生活習慣

 自分には無関係と思っていた逆流性食道炎と診断され、初めて気づいた健康のありがたさ。

 個人的には、レモンサワーやチョコレートなどを完全にやめることは難しいけれども、取材後、肉の代わりに白身の魚や脂肪の少ない鶏胸肉、豆腐や蒸し野菜をメインにする食生活に切り替えたところ、確かに翌朝の胃のすっきり感が全然違う。いかに胃や食道に負担をかけていたかがよく分かった。

 想像以上に多くいると思われる酒好きの逆流性食道炎持ちの皆さん(予備軍の方も)、ながーく酒とつきあうためにも今一度、酒量と酒の種類、おつまみを見直ししてみてはいかがだろうか?

(図版制作:増田真一)

秋山純一(あきやま じゅんいち)さん 国立国際医療研究センター病院・消化器内科診療科長
秋山純一(あきやま じゅんいち)さん 筑波大学医学専門学群卒業。米国スタンフォード大学消化器内科客員研究員。専門分野は消化管の腫瘍、消化管出血、炎症性腸疾患、消化管の機能異常。日本消化器病学会専門医・指導医・評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員、日本内科学会総合内科専門医・指導医。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.