日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 「飲む前に飲む」切り札! 漢方薬の効果
印刷

左党の一分

「飲む前に飲む」切り札! 漢方薬の効果

酒飲みにおなじみ「五苓散」「黄連解毒湯」はどう使えばいい?

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

酒席の前などに、二日酔い・悪酔い対策のためにサプリや薬を飲んでいる人は多い。中でも漢方薬を愛用している人は少なくないだろう。だが、そもそも二日酔いのために漢方を飲んでいいのか、飲む前に単発で飲んでいいのか、体質・症状でどう使い分けるのかなど、分からないことが多くある。そこで今回は、北里大学 東洋医学総合研究所の医史学研究部 部長の星野卓之さんに話を聞いた。

飲み会前の“備え”に漢方を愛用している人は少なくないだろう。しかし、種類や効果、服用法など分からないことも多い。(c)marilyn barbone-123RF

 左党であれば、ほとんどの方が持っている「ここぞ!」というときに飲む“特効薬”。二日酔い防止などのために、飲む前や飲んだ後に飲むサプリメントや薬だ。

 飲み会で左党仲間と集まると、必ず始まるのが個々の“特効薬”の渡し合いである。ウコン入りのドリンク剤の人もいれば、肝臓水解物(*1)の人もいる。誰もが自信をもって「コレいいから!」と“特効薬”を押し付けあう様子は、酒を飲まない人にとっては異様な光景に見えるに違いない(なお、自分用に処方された薬を他人に勧めるのはNGです)。

*1 豚などの肝臓に消化酵素を加えて加水分解したもの。アミノ酸やペプチドを含む。

私が「ここぞ!」というときに飲むのは漢方薬

 かくいう私も実は“特効薬”を持っている。それは漢方薬の「五苓散(ゴレイサン)」だ。ツワモノが集まる飲み会の前には必ず飲む。そして、確かな効果を感じている。服用すれば悪酔いしにくいし、お酒を飲んだ後に服用すれば、むくみにくい(私はお酒を飲んだ後はむくみやすいのです)。

 私周囲の左党にも五苓散の愛用者は多い(市販薬・処方薬ともに)。実際、この連載の取材で話を伺った先生の中にも五苓散を愛用していた人がいた。

 これだけお世話になっている五苓散だが、そもそも五苓散はどういう薬で、どういう状況で飲むべき薬なのか、恥ずかしながらよく分かっていない。今現在、酒を飲む前を中心に五苓散を飲んでいるが、果たしてそれでいいのだろうか。また、本当に自分の体質に合っているかどうかも、実はいまいち分かっていない。確かな効果を感じるので間違いなく私に合っているはず、と思っているが…。

 さらに漢方というと、数え切れないほどの薬があると思うが、本当に五苓散がいいのだろうか。風邪薬も体質や症状によって使い分けるくらいなのだから、症状・体質によって使う漢方薬も変わるようにも思う。

 また、私をはじめ多くの左党は「確かに効くけど、そもそも漢方って悪酔い、二日酔いのために飲んでいいの?」「漢方薬はジワジワ効くもので、長く飲み続けるものじゃないの?」という疑問を持っている人も多い。知らないことだらけである。

 これは専門家にきちんと聞かずにはいられない。そこで今回は、漢方専門医による漢方医学的な診察を行う「漢方ドック」を2016年から始めている北里大学 東洋医学総合研究所の医史学研究部 部長 星野卓之さんに話を伺った。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.