日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 飛行機内の飲酒は百害あって一利なし!?
印刷

左党の一分

飛行機内の飲酒は百害あって一利なし!?

機内の飲酒は酔いやすいだけでなく、エコノミークラス症候群の原因に!

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

来週末からは待望のゴールデンウィーク(GW)。今年は2日休めば10連休になることもあり、海外などに長期旅行に出かける人もいるだろう。海外旅行といえば飛行機。長旅にお酒は欠かせないという左党も少なくないはずだ。酒飲みでなくても、「お酒を飲んでさっさと寝る」という人も多いだろう。一般に、飛行機での飲酒というと「酔いが早いから気を付けよう」と言われるくらいだが、実はもっと怖いことがあるという。そこで今回は、飛行機内での飲酒についてまとめた。

左党にとっては、飛行機内でお酒を飲むのも旅の楽しみの一つ。一般に、飛行機での飲酒というと「酔いが早いから気を付けよう」と言われるくらいだが、実はもっと怖いことが…(©Jean-Marie Guyon -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 「飛行機で酒を飲むと、いつもより酔っぱらう

 左党はもちろん多くの方の間で、まことしやかに言われている「飛行機泥酔説」。私も飛行機でビールを飲んだとき、たった1缶しか飲んでいないのにいい気分になり、さらにはいつもほとんど変わらない顔色がいきなり真っ赤になったことがある。普段、チェーサー代わりにビールを飲むこともある私にとって、これはかなりの大事件。以来、飛行機で酒を飲むのは控えるようにしている。実際、飛行機で酒を飲んで酔いやすいと感じた方は少なくないのではないだろうか。

 しかしなぜ、地上よりも飛行機で飲むほうが酔いが早いのだろう? 単に旅気分が酔いを助長させているような気もするのだが…。

 だた、ネットで飛行機内での飲酒と酔い方の関係を調べていると、機内での飲酒は単に「酔いやすい」だけでは終わらない危険性を含んでいるようなのだ。いわゆる「エコノミークラス症候群」との関係性である

 エコノミークラス症候群は、長時間同じ姿勢で座り続けていることで、下肢の血流が悪くなることによって血栓ができ、その血栓が何らかの拍子に肺に届き、動脈を詰まらせてしまうというものだ。先週の熊本地震の際も、避難者の中でエコノミークラス症候群によって亡くなった方がいると大きく報道されたことをご存じの方も多いだろう(こちらの記事を参照)。今回のように、重篤な場合は死に至ることがある。そんな恐ろしいエコノミークラス症候群と機内での飲酒が関係あるとは!

※エコノミークラス症候群は、当初、飛行機の「エコノミークラス」だけで起こるように説明されたが、他のクラス、ほかの乗り物に乗っていた場合にも起こる可能性がある。このことから、日本宇宙航空環境医学会では、欧米で使用されている「旅行者血栓症」が適当であるという提言を出している。

 単に酔いやすいだけならまだしも、生死にかかわるとなると、これはもうただごとではない。そこで今回は、日本航空 健康管理室主席医師を経て、「渡航医学センター 西新橋クリニック」を開院する大越裕文院長に機内でのアルコール摂取について話をうかがった。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.