日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 勝谷誠彦さんを襲った「重症型アルコール性肝炎」とは  > 2ページ
印刷

左党の一分

勝谷誠彦さんを襲った「重症型アルコール性肝炎」とは

調子が悪く倦怠感があるときに「惰性で飲む」のは危険

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

 「大量に飲酒を続けている人が、何らかの拍子に急激に肝臓の機能が著しく悪くなるわけですが、全ての人がなるわけではありません。なぜなる人とならない人がいるかは明確にわかっていません。もちろんより多く飲むとリスクが高くなるわけですが、個人差もあります。肝臓の機能はかなり予備力があるため、機能がジワジワと落ちている段階ではほとんど症状が出ません。しかし、肝臓の線維化(硬化)がかなり進み、その予備力を使い尽くし耐えられなくなると、“ガクン”と急激に悪化します。これが重症型アルコール性肝炎で多いパターンですが、中にはさほど肝臓の線維化は進んでいないのに、大量飲酒により炎症が生じて急激に悪くなるケースもあります」(浅部さん)

 浅部さんは、倦怠感や食欲不振などがあり、肝機能が落ちている状態のときに過剰飲酒することが重症型アルコール性肝炎につながる危険性を指摘する。

(写真はイメージ=(c)Sebastian Kaulitzki-123RF)

 「肝機能が落ちている状態のときは当然アルコールの分解能力も落ちます。こうした状態のときは、いつもと同じ量のアルコールを飲んでも、通常より多い量のお酒を飲んでいるのと同じ状態となり、肝臓のダメージも大きくなります。これが悪循環となり、肝障害の重症化を招く可能性があると考えられます」(浅部さん)

 浅部さんによると、一般のアルコール性肝障害の場合は、お酒をやめれば良くなるケースがほとんどなのに対し、重症型の場合は、お酒をやめても回復しないことがあり、死に至ってしまうケースもあるのだという。

 こ、怖い…。酒飲みの中には、調子が悪くても、酒を飲めばスッキリするなどと言う人もいるが、こうした行動の積み重ねが重症型アルコール性肝炎につながっている可能性があるわけだ。

黄疸、腹水、肝性脳症、急性腎不全などが起こる

 次に、重症型アルコール性肝炎になると、どういった症状が起こるのだろうか。

 「重症型アルコール性肝炎に罹患し、肝臓の機能が低下するとさまざまな症状が起こります。中でも目に見えてわかるのは黄疸(おうだん)です」と浅部さん。

 確かに、勝谷さんについて報じたネットのニュースなどを見ていても、黄疸が見られたという話が載っていた。黄疸というと、肌や目が黄色くなるというのは知っているが…、恥ずかしながらよくわかっていない。具体的にはどういうものなのだろうか。

 「黄疸は肝臓の機能が低下すると現れる典型的な症状です。血液中には、老廃物であるビリルビンという成分が含まれており、これが茶色い(黄色い)色をしています。健常者の場合、肝臓が血液中のビリルビンを取り込み、胆汁という形で腸の中に排泄します。ところが、肝不全になるとビリルビンの代謝・排泄がうまく行えず、血液中のビリルビンが上昇し、目や顔の肌の色が黄色くなります。また、おしっこの色も濃い黄色(紅茶のような濃い色)になります。これが黄疸です」(浅部さん)

 もう1つ、目でわかりやすい症状が腹水だという。腹水(腸の外側にたまる水)でお腹がパンパンになって動けなくなって救急車で運ばれるというのが典型例なのだという。

 さらに、意識障害や異常行動を引き起こす肝性脳症、肺炎などの感染症、急性腎不全などが起こると浅部さんは話す。また、血液中の凝固因子が減るため、内臓や脳で出血するリスクも高くなる。肝臓機能が低下している人は消化管などに静脈瘤ができやすく、これが破裂すると大出血を起こすのだという。

 こうしたさまざまな症状を引き起こすのは、過剰なアルコールにより肝臓に負担がかかり、肝細胞が減っていき、解毒、代謝、胆汁の生成・分泌という肝臓の持つ働きが失われることにより起こる。これはアルコールを分解する際に生じる憎っくきアセトアルデヒドの毒性によるものなのだろうか。

 「現時点では明確にわかっていません。ご指摘のようにアルデヒドもその原因の1つと考えられますが、それだけではありません。肝臓内のCYP2E1などの代謝酵素によりアルコールが分解される際に生成される酸化力が強い代謝物が炎症を起こすのではないかという指摘もあります」(浅部さん)

酒好き医師が教える最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.