日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 飲む前に飲む“助っ人”に「酢酸菌酵素」というニューフェース現る  > 2ページ
印刷

左党の一分

飲む前に飲む“助っ人”に「酢酸菌酵素」というニューフェース現る

お酢の製造プロセスを応用した新発想のサプリ

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

体内のアルコール分解と、お酢の製造プロセスは同じだった!?

 奥山さん、そもそも、酢酸菌、そして酢酸菌酵素って何なのでしょう? そして、お酒との関係は?

 「葉石さんはお酢の作り方をご存じですか? お酢の主原料はアルコールです。バルサミコ酢がワインから作られるように、お酢はお酒から作られるのです。そして、アルコールからお酢の成分である酢酸を作る際に菌の力を借りるのですが、その菌こそが酢酸菌です。酢酸菌の周りに酢酸菌酵素がついていて、これがアルコールを酢酸に変える働きがあるのですよ」と奥山さんは話してくれた。

体内に入ったアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH1B)によってアセトアルデヒドに分解される。その後、「アルデヒド脱水素酵素」(ALDH2)により、無毒な酢酸になり排出される

 本コラムをご愛読いただいている左党なら、この仕組みに既視感があるのではないだろうか。そう、これまで何度となく解説してきた、体内でのアルコールの分解の仕組みに近い(右図)。

 “耳タコ”かもしれないが、少し解説すると、体内に入ったアルコールは、肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH1B)によりアセトアルデヒドに分解され、さらにアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)により酢酸に分解される。

 奥山さんに「肝臓がアルコールを分解する仕組みに似ていますね」と話すと、奥山さんは笑いながらこう説明してくれた。

 「先ほど酢酸菌酵素が、アルコールを酢酸に変えるとお話ししましたが、この酢酸菌酵素というのはアルコール脱水素酵素(ADH1B)とアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)そのものなのです。アルコールから酢を作るときも、体内でアルコールを分解するのも、実は同じ仕組みなのですよ」(奥山さん)

 なんと! これは驚きである。私はこれまで幾度となく、体内でのアルコールの分解プロセスについて解説してきたが、ADH1BやALDH2によって分解されるというのは、あくまで肝臓の中だけの話で、食卓に並んでいるお酢を製造する過程と同じだとは思いもよらなかった。

 そして、キユーピーが発売しているサプリメント「飲む人のための『よいとき』」の中身は酢酸菌酵素、つまりアルコール脱水素酵素(ADH1B)とアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)である。確かに、商品パッケージの背面にある「原材料名」の欄を見ると、しっかり「アルコール脱水素酵素」「アルデヒド脱水素酵素」とある。

 何という発想の転換。これまでウコンや肝臓水解物など、「肝臓がんばれ成分」を主体にした健康食品は見てきたが、「外から2つの酵素を足す」というものは初。実に斬新である。

 そもそも、奥山さんが酢酸菌酵素を使ったサプリを開発するきっかけは、キユーピーで酢を製造するプロセスから閃(ひらめ)いたからなのだそうだ。

 「マヨネーズを作る際、材料としてお酢を使います。キユーピーでは50年以上前からマヨネーズに使用するお酢を自社で製造しています。アルコールに酢酸菌を加えるとお酢になるのを見ているうち、この酢酸菌の力を応用できないかと思ったのがきっかけです」(奥山さん)

酒好き医師が教える最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.