日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 「命の危機」を感じた冬の飲酒後の入浴
印刷

左党の一分

「命の危機」を感じた冬の飲酒後の入浴

恐ろしいヒートショック! 避けるには「ぬるめのシャワー」を

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

寒い時期に多発する入浴中の事故死。急激な温度変化によりカラダがダメージを受ける「ヒートショック」が原因だ。この恐ろしいヒートショックをお酒が助長するということをご存じだろうか。実は、11月末の寒い夜、私はヒートショックを自ら体験し「命の危機」を感じた。幸いなことに助かったものの、今思い出しても背筋が寒くなる。そこで今回は、冬場の飲酒後の入浴についてまとめた。

あの時、「私の人生はこれで終わりだ」と思った

 酒を飲んだ後に風呂に入る―。

 「酔っている時ほど風呂に入りたくなる」というのは私だけではないようだ。酔って水を得た左党は気が大きくなっているので、「風呂で汗かいて酒抜くぞ!」とやらかしてしまいがちだ(実際には汗をかいても酒は抜けない)。

冬場の入浴時の事故死が増えている。急激な温度変化によってカラダがダメージを受けるヒートショックが原因だ。さらに飲酒後の入浴にも危険があるという。(©Katarzyna Białasiewicz -123rf)

 実は、11月末の寒い日、「命の危険」を感じる体験をした。そう、酔った状態で風呂に入ったのだ。だが酔っているといっても、前後不覚になるほどではない。記憶も意識もきちんとある状態で、冷えた体を温めようと帰宅早々、44度の湯をはった湯船に浸かった。

 異変を感じたのは湯船に浸かって5分ほどしてから。頭がカーッと熱くなった後、全身が心臓になったかのような激しい動悸が起こった。そして慌てて湯船から出ようとして急に立ち上がった途端、今度はめまいに襲われた。水を飲み、しばらく脱衣所でうずくまっていたら、症状はおさまったが、あの時は本当に「私の人生はこれで終わりだ」と思った。俗に言う「ヒートショック」というやつだ。

 飲酒時の入浴は世間一般的にはNGだといわれている。それは知っていたが、これまでは酷い目にあったことがないためついつい繰り返していた。しかし、11月の一件で、やってはいけないのだと心底痛感させられた。あまりに恐くて、その事件以降しばらくはお酒が飲めなくなったくらいだ。

 だが、入浴後の飲酒はどんな根拠でいけないといわれるのだろうか? そして私自身が体験した激しい動悸やめまいは何が原因だったのだろうか? 『高血圧にならない、負けない生き方』の著者でヒートショックに詳しい横浜労災病院院長の梅村敏さんに詳しい話をうかがった。

ヒートショックの主犯は「急激な血圧の変化」

 「急激な温度変化によってカラダがダメージを受けるのがヒートショックです。ヒートショックには『血圧の変動』が深く関わっています。特に寒い時期の入浴、そして飲酒後の入浴は血圧の変動が激しくなり非常に危険です」(梅村さん)

 ヒートショックの原因は「血圧の変動」だったのか! 確かに急激な血圧の変化はカラダに悪そうだ・・・。だが、寒い時期の入浴や飲酒後の入浴は、血圧にどう影響するのだろうか。

 梅村さんによると、そもそも血圧は気温によって変動するのだという。気温が高いと血圧は下がり、寒くなると上がるのだ。

 「私たちのカラダは気温が低いと、『体温を下げないように』と血管を収縮させ、結果として血圧が上がります。一方で気温が上がると、熱を放出して体温を下げようとして血管は拡張するので血圧は下がります。このため、夏は血圧が低くなり、冬場は血圧が上がるのです」(梅村さん)

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.