日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 日本酒は酔える化粧水?! アミノ酸たっぷりで肌にもよかった!
印刷

左党の一分

日本酒は酔える化粧水?! アミノ酸たっぷりで肌にもよかった!

余ったお酒を塗るだけで効果あり!大吟醸より純米酒がいい

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

「杜氏の手はキレイ」――。そんな話を聞いたことはないだろうか。日本酒により肌がきれいに保たれるというのだ。女性なら「日本酒」の成分が入った化粧品が多数登場していることもご存じだろう。日本酒に肌にいい効果があるというのは本当だろうか。そしてどんな効果があるのだろう。直接肌に塗ってもいいのだろうか。わからないことだらけだ。そこで今回は、日本酒の美肌効果についてまとめた。

 かつて高級化粧品のCMのキャッチにも謳われたことがあるが、実際、日本酒造りに携わる杜氏や蔵人、蔵の女将の肌はきめ細かく、色白で美肌の人が多い

 筆者自身、日本酒に関わる仕事を始めて15年になるが、20代の頃より遥かに肌のコンディションは良い。試しに昨年の年末に化粧品売り場で水分量をはじめとする肌年齢を計ってもらったところ、実年齢より10歳以上も若いという計測結果が出た。筆者はほぼ毎日のように日本酒を飲んでおり、日本酒コスメも愛用している。肌診断の結果を見て、「うーん、これは日本酒効果に違いない」と思った次第である。

日本酒造りに携わる杜氏や蔵の女将は美肌の人が多いという。日本酒が肌にいい効果をもたらすためというが、これは本当だろうか(©PaylessImages -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 同時に思い出したのが、私が幼い頃に出会った元芸者の高齢者の女性である。幼稚園から小学校低学年までの短い期間をすごした街はもともと宿場町で、若い頃に芸者を経験した高齢の女性が多く住んでいた。「タバコ屋のおばあちゃん」の愛称で親しまれていたその女性は、80歳をとうに超えているというのに、肌が抜けるように白く、まさに博多人形を思わせるほど。

 私が肌の美しさを褒めると、「芸者時代、客が飲み残した日本酒を手に取り、顔や首に化粧水代わりに塗っていた」と話してくれた。当時は未成年ゆえ、日本酒を手にすることはできなかったが、40余年経った今でも、彼女の肌の美しさと「日本酒は肌にいい」という話は克明に覚えている。

 そういえばこのところ、以前にも増して、日本酒の成分を入れた美容商品をあちこちで見かけるようになった。かの「獺祭」を醸す旭酒造(山口)も「手造り酒粕石鹸」を出しているし、「白鹿」(兵庫、辰馬本家酒造)が開発した日本酒由来成分「αGG」を配合した化粧品は、かねてから美のアンテナの高い女性から支持されている。

 日本酒は肌にいいのは本当だろうか。日本酒そのものを肌に塗って効果は出るのだろうか。日本酒のどの成分が効くのか――さまざまな疑問が頭に浮かぶ。

 そこで今回は、寛永二年(1625年)創業という老舗酒蔵である金沢「福光屋」の店舗事業部責任者・若月佐恵子さんにお話をうかがった。福光屋は、醸造アルコールを添加する日本酒が主流だった時期に「純米蔵宣言」をした先進的な酒蔵だ。自ら日本酒の研究所を持ち、1990年代から米発酵技術を生かした美容への研究を始めるなど、先端的な取り組みにも熱心な酒蔵として知られている。

       ◇       ◇       ◇      

酒好き医師が教える最高の飲み方

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.