日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 二日酔いの朝は運転NG? どのくらい時間を空ければ運転していいのか  > 4ページ
印刷

左党の一分

二日酔いの朝は運転NG? どのくらい時間を空ければ運転していいのか

人生を棒に振らないためにも、酒が抜ける時間を正しく把握しよう

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

仮眠したほうがお酒が抜けない!

 アルコールの分解の速さに個人差があるのは多くの人がご存じだと思う。樋口さんは、「アルコールが体から消える速度は個人差が大きく、最も速い人と遅い人では4~5倍程度の差になります」と話す。この要素には下の図にあるようにさまざまな要素が関係しているが、「最も大きな要因は、肝臓の大きさや筋肉量と考えられている」(樋口さん)そうだ。

アルコールが体から抜ける時間は個人差、状態による差がある

 このほか、「覚醒時より睡眠時、食後より空腹時のほうが消失速度が遅くなる」と樋口さん。

 何と! 眠ってしまうと、起きているときよりアルコールの分解は遅くなるのか! 読者の中には、お酒を飲んだ後、「仮眠すれば大丈夫」と思っている方も少なくないのではないだろうか。残念ながら睡眠によってアルコールの分解は加速するのではなく、遅れてしまうのだ。

 久里浜医療センターは札幌医科大学との共同研究で、飲酒後に睡眠をとると、アルコールの分解が遅れることを確認している。20代の男女計24人を対象に、体重1kg当たり0.75gのアルコール(体重60kgの人でアルコール45g=ビール約1Lに相当)を摂取し、4時間眠ったグループと4時間眠らずにいたグループの呼気中のアルコール濃度を調べたところ、眠ったグループの呼気中のアルコール濃度は眠らずにいたグループの約2倍となった。

 こうした結果になった理由として、睡眠時にはアルコールを吸収する腸の働き、そしてアルコールを分解する肝臓の働きが弱まることが影響していると考えられるのだそうだ。樋口さんは、「飲酒後に『仮眠を取ったから大丈夫』と考えるのは危険です。飲酒後、十分な時間を取れないなら運転してはいけません」と話す。

 どうやら「寝たらアルコールが抜ける」と感じるのは、単に仮眠したことでスッキリしただけのようだ。

酔ったときの感覚を当てにしてはいけない!

 また、飲酒運転をしてしまった理由の一つに、「(飲酒後だが)意識もしっかりしているし問題ない」と自分で思い込んでいたというのがある。確かに、飲んで2、3時間もすれば、もうお酒は抜けたかなと思ってしまうことは珍しくない。

 樋口さんは、「酔った感覚は、アルコールの血中濃度が上昇しているときに比べて、下がっているときのほうが小さくなるため、体からアルコールが抜けていると思ってしまうのです」と話す。「つい飲酒運転してしまった」という背景には、こうした感覚が影響している可能性があるわけだ。

 久里浜医療センターでは過去に興味深い実験を行っている。点滴で血中アルコール濃度を一定に保ちながら、被験者に酔いの症状を主観的に判断してもらう実験を行ったところ、血中アルコール濃度が高い状態なのに、時間がたつにつれ酔いの自覚症状が薄れてしまうという結果が得られたのだ。

時間がたつと酔いの自覚症状は薄れる
点滴で血液中のアルコール濃度を一定に保ちながら、酔いの症状を被験者に主観的に判断してもらった。3時間まで血中アルコール濃度はほぼ一定なのにもかかわらず、酔いの自覚症状は徐々に薄れていくことがわかる(データ:久里浜医療センター)
[画像のクリックで拡大表示]

 「酔ったときの感覚は当てにできない」というのは、誰もが納得するところだろう。左党が「酔ってないから大丈夫」と言い出したら危ないというが、これもまたアルコールの作用に慣れたことが原因なのかも…。私自身、「大丈夫、大丈夫」と言って(いたらしい)、翌朝、記憶がないなんてことも多々ある。

酒好き医師が教える最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.