日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 二日酔いの朝は運転NG? どのくらい時間を空ければ運転していいのか  > 2ページ
印刷

左党の一分

二日酔いの朝は運転NG? どのくらい時間を空ければ運転していいのか

人生を棒に振らないためにも、酒が抜ける時間を正しく把握しよう

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

「酒気帯び」基準未満でも運転への影響は始まっている

 先に、飲酒運転の基準についておさらいしておこう。

 日本における飲酒運転の基準は改正道路交通法で定められている。それによると、呼気1L中に0.15mg以上のアルコールを検知した場合、「酒気帯び運転」としている。0.15mg以上、0.25mg未満なら免許停止(停止期間90日)、0.25mg以上なら免許取消(欠格期間2年)となる。

日本における飲酒運転の基準
処分内容点数欠格・
停止期間
酒酔い運転免許取消35点3年
酒気帯び運転呼気1L当たりのアルコール量
0.25mg以上
免許取消25点2年
呼気1L当たりのアルコール量
0.15mg以上0.25mg未満
免許停止13点90日
※この内容は一例。過去の交通事故や交通違反の前歴などにより異なる。

 なお、これを血中アルコール濃度に換算すると、それぞれ0.03%(0.3mg/mL)、0.05%(0.5mg/mL)になる。さらに、呼気中の濃度にかかわらず、アルコールにより正常に運転できない恐れのある状態となると「酒酔い運転」となり、免許取消(欠格期間3年)となる。

 では、酒気帯び運転に該当するのは、これは具体的にどのくらいの酒量を飲んだときなのだろうか。

 「ビール中ビン1本(500mL)あるいは日本酒1合(アルコール換算で20g)のお酒を飲んだときの血中アルコール濃度は約0.03(0.02~0.04)%程度です。つまり、ビール中ビン1本を飲んだだけで『酒気帯び運転』の基準値を超える可能性が高いわけです」(樋口さん)

 しかも、この基準値未満の場合でも運転への影響は始まっているという。

 「個人差はありますが、アルコールの運転に対する影響は、極めて低い血中アルコール濃度から始まります。例えば、反応時間は0.02%、注意力は0.01%未満といった低濃度から、運転技能が障害を受けるといわれています。そして飲酒量が増えるほどその影響は大きくなるのです」(樋口さん)

 つまり、血中アルコール濃度が、酒気帯びの基準より下回っている、つまり軽く飲んだ程度でも、運転能力は確実に影響を受けるということ。当たり前だが、「ちょっと飲んだ程度だから運転してOK」なんてあり得ないのだ。

 このようなアルコールの影響により、当然事故のリスクも増すことになる。ここで樋口さんから興味深い研究を紹介していただいた。アメリカで血中アルコール濃度と事故リスクの関係を調べたところ、血中アルコール濃度の上昇に従って事故リスクも上昇していることが明らかになっている(下のグラフ)。「交通事故のリスクは血中アルコール濃度の上昇とともに、ほぼ指数関数的に増加させるのです」(樋口さん)。また、ニュージーランドでの研究でも、同様の傾向が確認されているという。

血中アルコール濃度と事故リスクの関係(21歳以上、全年齢)
1996~1998年にアメリカのカリフォルニアとフロリダの2地点での調査結果。血中アルコール濃度の上昇に対して、事故リスクは指数関数的に増加する。(J Safety Res. 2008;39:311-319.)

改めて確認しておきたい飲酒運転の恐ろしさ

 お酒を飲んで酔っ払うと事故を起こしやすいのは多くの人がご存じだと思う。「そんなことはわかっているよ」という方がほとんどだと思うが、改めて確認しておきたい。

 政府は、重大事故に直結する悪質・危険な飲酒運転が後を絶たないことを受け、「飲酒運転は絶対に『しない!』『させない!』みんなで守ろう 3つの約束」を広く告知して、周知を図っている。この中でも具体的に、飲酒による運転への影響例として以下の4つのポイントを挙げている。(詳しくはこちらを参照)

●動体視力が落ち、視野が狭くなる
●判断力が低下し、速度超過や乱暴な運転につながる
●ハンドルやブレーキの操作が遅れる
●平衡感覚が乱れ蛇行運転となる

 「少ししか飲んでいないから」「アルコールに強いから」「距離が近いから」などという理由で飲酒運転してはいけない。前述したように、少量の飲酒でもアルコールが脳の機能に影響を与え、注意力や判断力などが低下することがさまざまな研究で明らかになっているからだ。

 例えば、公益財団法人交通事故総合分析センターによる運転シミュレーターを使った飲酒運転の実験でも、「(呼気中の)アルコール濃度が高くなるに従い、反応時間が長くなる傾向がある」「アルコール濃度が高くなるに従い、無反応や誤反応が増える」などの結果が得られている。


酒好き医師が教える最高の飲み方

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.