日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 健康効果というと、なぜ赤ワインばかりが取り上げられるのか  > 4ページ目
印刷

左党の一分

健康効果というと、なぜ赤ワインばかりが取り上げられるのか

カベルネが健康効果が大きい!? 熟成でさらに向上

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

赤ワインは認知症にも効果あり

 抗酸化作用に加え、昨今、注目されているのが果皮に含まれるリスベラトロールだ。聞き慣れないこのポリフェノールは、脳の機能を円滑にし、記憶力の回復やアルツハイマー病を予防する効果があるという。

 「ボルドー大学中央病院が65歳以上の3777名を対象に、飲酒量と死亡率、認知症、アルツハイマー症のリスクを3年間にわたって調査したところ、驚くべき結果が出ました。ワインを毎日3~4杯(375~500ml)を飲んでいるグループと、非飲酒グループでの発症リスクを比較したところ、認知症は5分の1、アルツハイマー症は4分の1、死亡率は約30%低下したことがわかったのです(1997年発表)。これはリスベラトロールが、外界刺激を伝達する酵素『MAPキナーゼ』を活性化するためと考えられています」(佐藤教授)

ワインと認知症やアルツハイマー病との関係(ボルドー大学中央病院にる調査結果)。65歳以上の3777名を対象に3年間にわたって調査したもの。論文筆者の1人、J.-M.Orgogozo氏から佐藤教授がデータを受け取ったものを改変して掲載した(Rev. Neurol. (Paris): 153 (3), 185-192 (1997))
ワインと認知症やアルツハイマー病との関係(ボルドー大学中央病院にる調査結果)。65歳以上の3777名を対象に3年間にわたって調査したもの。論文筆者の1人、J.-M.Orgogozo氏から佐藤教授がデータを受け取ったものを改変して掲載した(Rev. Neurol. (Paris): 153 (3), 185-192 (1997))
[画像のクリックで拡大表示]

 リスベラトロールが、老化を抑制する機能を持つサーチュイン遺伝子を活性化させ、寿命を延ばすという報告も発表されている。2006年には、リスベラトールによってマウスの寿命が延びるという論文が発表された(J.A. Baur, D.A. Sinclair et al. (2006): Nature 444,337-342)。高カロリーのエサを与えるとマウスは短命になるが、リスベラトロールを同時に与えると普通食と同様に生存したというものだ。この発表により、アメリカではリスベラトロールのサプリメントが売り切れる事態になったという。日本でも複数のメーカーが「長寿遺伝子を活性化させる」「アンチエイジング」などとうたってサプリメントを販売している。

 赤ワインにはリスベラトロールが10mg/L程度含まれる。日常的に飲む酒を赤ワインに変えれば、こうした効果の恩恵に多いにあずかれそうだ。

 赤ワインには、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の殺菌作用もある。カリフォルニア州立大学フレズノ校の実験では、市販の赤ワインなどが15分以内にピロリ菌の増殖を阻害したという結果が出ている(1996年発表)。このほか、佐藤教授らの研究によって、血液の柔軟性が増し、毛細血管の血流が促進されることもわかっている(1999年発表)。

 このようなさまざまな研究結果を見ていくと、数あるお酒の中で、なぜ赤ワインばかりがフィーチャーされるのか、その理由がよくわかる。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.