日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 健康効果というと、なぜ赤ワインばかりが取り上げられるのか
印刷

左党の一分

健康効果というと、なぜ赤ワインばかりが取り上げられるのか

カベルネが健康効果が大きい!? 熟成でさらに向上

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

何度かのブームを経て、ワインを日々楽しむ人が増えた。飲み会などはもちろん、自宅でも帰ったらワインを1本…などという人も少なくないだろう。ワインはおいしいだけでなく、「健康にいい」というイメージが定着している。ただ、「なぜカラダにいいのか」「どんな効果があるのか」「赤ばかり取り上げられるが、白ではダメなのか」…と問われると、きちんと説明できる人はほとんどいないのではないだろうか。そこで今回は、ワインの健康効果についてまとめた。

 今や当たり前のように、飲むお酒の選択肢に入っているワイン。ワインバルや立ち飲みワインバーなどもここ数年で一気に増え、居酒屋のメニューにワインが普通に並ぶようになった。チリやオーストラリアなどのニューワールドのワインが入ってくるようになり、品質の高いワインが手軽に楽しめるようになったことが背景にある。

ワインは健康にいいお酒というイメージを持っている人も多いだろう。特に赤ワインはポリフェノールを多く含むので体にいいと言われるが、実際はどうなのだろうか(©Aleksandrs Tihonovs -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンビニや大手スーパーで扱っているワインも明らかにおいしくなっており、それでいて値段も安い。ワインは一昔前までの「特別なときに飲む高価なお酒」ではなく、普通に日々楽しめる存在になったのだ。実際、現在は「第7次」ワインブームの真っただ中で、国内のワインの消費量は過去最大になっている「流行はメディア情報で動く。はたしてこのワインブームは?」を参照)。

 ワインブームの背景の一つには国産ワインの質の向上もある。フランスの国際ワインコンクール「レ シタデル デュ ヴァン」をはじめ、世界各国のワインコンクールで受賞したワインが登場するまでになっている。

「フランス人は心疾患の死亡率が低い」報道で赤ワインブームに

 ワインといえば、今から十余年ほど前に赤ワインの健康効果がマスコミで大きく取り上げられ、一大赤ワインブームが巻き起こったことをご記憶の方も多いと思う。赤ワイン人気が急上昇したきっかけが、「フレンチ・パラドックス」だ。

 フレンチ・パラドックスとは、「フランス人は喫煙率が高く、バターや肉などの動物性脂肪の摂取量が多いのに、心疾患による死亡率が低い」という説を指す。フランスのルノー博士らによる、10万人を対象にした乳脂肪(動物性脂肪)及びワインの消費量と、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)の関係性の調査により、1990年代前半に明らかとなった。その内容を米CBSがテレビで報道したところ、停滞していたワインの売り上げが急増する社会現象が起こった。日本でも97年くらいから赤ワインの健康効果が各メディアで取り上げられた。この影響でそれまでは日本酒や焼酎一辺倒だった人も、赤ワインを口にするようになった。

 こうした経緯もあって、「赤ワインに含まれるポリフェノールがカラダにいい」ということは、左党でなくとも一度は耳にしたことがあるだろう。だが、ポリフェノールならお茶にも含まれている。それなのになぜ、赤ワインばかりが取り沙汰されるのか、白ワインや、他の酒ではダメなのかなど、さまざまな疑問が頭に浮かぶ。こうした疑問を払拭すべく、メルシャン酒類研究所を経て、山梨大学大学院・ワイン科学研究センターで赤ワイン、ポリフェノールの研究を行う佐藤充克客員教授に話をうかがった。

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.