日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 謎多き「二日酔い」の真相、実は軽い離脱症状だった!?
印刷

左党の一分

謎多き「二日酔い」の真相、実は軽い離脱症状だった!?

二日酔いには水と糖分! お勧めはオレンジジュース

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

酒飲みならほぼ誰もが経験し、二度と経験したくないと思う「二日酔い」。この二日酔い、“飲み過ぎ”によって起こるのは間違いないが、実は謎が多い。その日の体調などに影響されるのはもちろん、お酒の種類によってもなりやすさが変わることがある。そこで今回は、二日酔いの原因と対策について、アルコール問題全般に精通する久里浜医療センターの院長、樋口進さんに話を聞いた。

酒飲みの多くの人が気にする二日酔いだが、実は分からないことが多い。(c)Elnur Amikishiyev-123RF

 左党なら誰しも経験がある「二日酔い」。

 今こうして書いている本人がプチ二日酔いなのはさておき、「主たる原因は酒の飲み過ぎ」なのは百も承知である。わかっているのに懲りずにやってしまう。それが二日酔いである。

 この二日酔い、酒飲みの多くが気にするだけあって、その原因や対策を聞かれることが多い。本連載を基にした書籍『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP社)が多くの人に読まれるようになったこともあり(ありがとうございます!)、居酒屋などで声をかけていただいたり、インタビューを受ける機会も増えた。

 こうした際によく聞かれるのが二日酔いについてである。二日酔いの予防策はもちろん、「実際に二日酔いになったらどうしたらいいの?」という事後の対策もよく聞かれる。それだけ気を付けていても、二日酔いになる方がたくさんいる…ということだろう。いや、私だってもっと詳しく知りたい。

 二日酔いの原因については、実は、4年半前、本連載の記念すべき第1回で取り上げている。ここでは、「まだ解明されていないことが多い。二日酔いはアセトアルデヒドだけでなく、さまざまな原因が考えられる」といった内容を紹介させていただいた。そこで一定の納得を得たわけだが、わかっていないことが多いだけに、内心モヤモヤっとした思いをずっと抱えてきた。うまく機会を作って、再度取材して、最新事情や対応策も聞いて、読者の方にもお伝えしたいと思っていた。

 そこで今回は、多くの方が疑問に思っている二日酔いの謎に再度、迫りたいと思う。そこで、アルコールと健康についての研究で日本を代表する、独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの院長で、アルコール問題全般に精通する樋口進さんに話を伺った。

二日酔いの原因は驚くほどわかっていない

 なぜ、多くの酒飲みが二日酔いに興味があるのかといえば、それは二日酔いにはわからないことが多いからだろう。実際、周囲の左党の話を聞いていても、人によって二日酔いの原因が異なっていることが多い。例えば、その日の体調、空腹の度合い、アルコールの飲み合わせ、チェイサーの有無をはじめ、なかには蒸留酒または醸造酒など酒の種類によって同じ純アルコール量でも二日酔いになると話す人もいる。確かに私自身、先週は同じ量を飲んでもびくともしなかったのに、今週は翌日使い物にならないなんてときもある。

 もちろん二日酔いの原因は「飲み過ぎ」ということはイヤと言うほど理解している。だが二日酔いには、私たちがまだ知り得ない深い謎が隠されているのは間違いないだろう。樋口先生、どうなのでしょうか?

 「二日酔いの主たる原因は、おっしゃる通り、飲み過ぎが原因です。しかし実のところ、二日酔いの原因、それにメカニズムは驚くほどわかっていません。酔いのメカニズムは非常に複雑なのです」(樋口さん)

酒好き医師が教える もっと! 最高の飲み方

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.